働き方

「人生とは何か?」の答えは自分で決めるしかない理由

投稿日:2016年3月22日 / by 瓦版編集部

~変人・安田佳生の境目コラム~

ゴールに正しく辿り着くアプローチの仕方とは

ゴールから逆算する。それはとても重要なことです。でもやり方を間違えると、想定外のゴールに辿り着いてしまいます。
goalforlife

たとえば、自分のメリットをゴールに設定した場合。この仕事は、自分の報酬にはね返って来るのか? この付き合いは、自分にとって得なのか? そこを基準に選んでいくと、短期的には損をしません。でも長期的には、デメリットをもたらす結果となるのです。

損得しか考えない人間からは、人が遠ざかっていきます。人が遠ざかるという事は、仕事も遠ざかるという事。結果的には、自分が損をするのです。

反対に、相手にメリットをもたらす事をゴールにした場合。この仕事は、相手に喜んでもらえるのか?この付き合いは、相手にとって得なのか?そこを基準にしていると、短期的には損をします。

儲かる仕事でも断らなくてはならない。儲からない仕事でも引き受けなくてはならない。という場合が出てくるからです。自分は損だけど、相手は得をする。相手は喜んでくれる。だったら引き受けよう。

短期的には損をしますが、こういう人の周りには、たくさんの人が集まって来ます。もちろん、いい人柄につけ込んでくる人もいるでしょう。でも大半の人は、まともな仕事を持って来てくれます。人間というのは、思っている以上に義理堅い動物なのです。

なぜ、得することを目指すのに損するのか…

得する事をゴールにしているのに、損してしまう。そういう事が人生には、往々にしてあります。それは、ゴールの設定を間違えているからなのです。

いい大学に入り、いい会社に就職する。そこをゴールにして、不幸になる人もいます。美人と結婚し、人に羨まれる人生を送る。そこをゴールにして、不幸になる人もいます。

彼らはなぜ不幸になるのか。いい会社に入ったから?それとも美人と結婚したから?いいえ、違います。いい会社に入って幸せになる人もいるし、美人と結婚して幸せになる人だって、たくさんいます。重要なのはそこではないのです。

何のために、いい会社に入るのか。何のために、美人と結婚するのか。その質問に対する答えは、人によって違います。だからそこをゴールにする事自体が間違っているのです。

私にとっての「幸せとは何か?」それを追求していくと、「人生とは何か?」という質問に辿り着きます。もちろんそこには決まった答えなど無いのです。だからこそ、自分で決めなくてはならないのです。

私にとって、人生とは何なのか?私は何のために生きていくのか?何のために自分の命を使うのか?

その答えこそが本当のゴールであり、それ以外のゴールは『本当のゴール』に辿り着くための手段でしかないのです。


<プロフィール>安田佳生(ヤスダヨシオ)
yasuda21965年、大阪府生まれ。高校卒業後渡米し、オレゴン州立大学で生物学を専攻。帰国後リクルート社を経て、1990年ワイキューブを設立。著書多数。2006年に刊行した『千円札は拾うな。』は33万部超のベストセラー。新卒採用コンサルティングなどの人材採用関連を主軸に中小企業向けの経営支援事業を手がけたY-CUBE(ワイキューブ) は2007年に売上高約46億円を計上。しかし、2011年3月30日、東京地裁に民事再生法の適用を申請。その後、個人で活動を続けながら、2015年、中小企業に特化したブランディング会社「BFI」を立ち上げる。経営方針は、採用しない・育成しない・管理しない。最新刊「自分を磨く働き方」では、氏が辿り着いた一つの答えとして従来の働き方と180度違う働き方を提唱している。同氏と差しで向き合い、こだわりの店で食事をし、こだわりのバーで酒を飲み、こだわりに経営について相談に乗ってもらえる「こだわりの相談ツアー」は随時募集中(http://brand-farmers.jp/blog/kodawari_tour/)。

読み物コンテンツ

働き方白書について
仕事相談室について
極楽仕事術について
三者三様について
戦略的転職について
用語集について