働き方

“悠々自適”を実現するために必要な力とは

投稿日:2015年1月30日 / by 瓦版編集部

セミリタイアに必要な金額は?

セミリタイアするには何が必要でしょうか(平城氏撮影)

セミリタイアするには何が必要でしょうか(平城氏撮影)

セミリタイヤするためには、幾らの資産が必要でしょうか?

養っていく子供の数でも変わってきますし、どの程度の生活レベルを満たすかによっても変わってきます。

1億? 2億?

あなたが思い浮かべるのは、億単位のお金でしょう。これぐらいあれば、老後まで安心できそうですね。

お金ではなく本当に必要な力とは

でも、120歳ぐらいまで生きてしまったらどうでしょうか?2億でも不安かもしれません。今現在資産があっても、明日には誰かに騙し取られるかもしれません。つまり、『あなたが現在幾らの資産を持っているか?』という点はさほど重要ではないのです。重要なのは、『自分の人生をコントロールする力』です。

お金があってもなくても、お金のために生きなくていい状態を作ることです。そういう観点で考えると、私はお金のために生きなくて良い状態といえます。なので好きな人と、好きな仕事しかしていません。社会的に意義のあると思える仕事しかしていません。しかもストレスフリー。

元OLの気ままなライフスタイル

 私が1年前に開催した『海外ノマドのすゝめ』というセミナーに参加頂いた、40~50代の女性の方がいます。彼女は資産はほぼゼロ。でも、日本全国をまわって旅館などの『住み込み』系のアルバイトをして、生計をたてています。お金が貯まったら海外を放浪して、お金がなくなったらまた日本に戻り、また住み込み系のアルバイトをする、というパターンを繰り返しているようです。

もともと30歳ぐらいまでは、OLをやられていたのですが、ある日、『私って何をやっているんだろう?』とふと我に帰り、自分がやりたいことをつきつめた結果、このライフスタイルに落ち着いたようです。

私が彼女から見出した、人生をコントロールする力。それは、彼女の仕事の獲得方法です。彼女は電話帳を片手に目星をつけ、電話営業で住み込み系のアルバイトを獲得しているとのこと。山奥の旅館などはたいてい人出が足りていないので、雇ってくれるそうです。

私が彼女に授けたビジネスモデル

私は彼女に質問をしました。『今日、資産がゼロ円になったら、明日からすぐにお金を稼ぐことはできますか?』。すると、彼女は『はい』と即答しました。

彼女はこれまでの経験上、電話営業をすればいつでも仕事にありつけることを知っていて、過去にお世話になった旅館とのコネも沢山あるとか。

これを聞いたとき、彼女は人生をコントロールする力を身につけている、と思いました。ただ、現在の彼女のワークスタイルだと、小さい資金は作れたとしても、大きな資金を作ることは難しいでしょう。

そこで私が彼女に提案したこと。それは、日本全国の『住み込み系アルバイト』のネットワークを作り、人材紹介をするビジネスです。住み込みで働いてくれる人を探したい旅館と、住み込みで働きたい人をマッチングするのです。彼女のノウハウと人脈を駆使すれば、実現可能だと思います。いかがでしょうか?


hiraosi【プロフィール】平城 寿 Hirajo Hisashi
1976年宮崎県生まれ。九州大学工学部卒(1999年)。もともとITエンジニアで、2004年にSOHO事業者向けビジネスマッチングサイト「@SOHO」を1人で立ち上げ、4年で日本国内No.1の会員規模にまで育て上げる。その後インターネットの可能性に魅了され、自らネットを活用した「場所や時間にとらわれないワークスタイル」を実践。2011年より海外に拠点を移し、アジアを中心に毎月5都市以上を訪問。『海外ノマドスタイル』を確立して、その魅力を発信している。

平城寿公式ブログ:http://hirajo.com/
平城寿Facebook:http://www.facebook.com/hisashi.hirajo
@SOHO:http://www.atsoho.com

読み物コンテンツ

働き方白書について
仕事相談室について
極楽仕事術について
三者三様について
戦略的転職について
用語集について