働き方

職場について20代ワーカーが“無礼講”で語り合うイベントを開催

投稿日:2016年6月2日 / by 瓦版編集部

編集部便り

職場の不平不満を晴らすリアルイベント

あっという間に5月も終わり、6月に突入しました。職場における5月は五月病といわれように、何となく悶々としたムードが漂いがちです。新入社員は少し職場に慣れ始め、ゴールデンウィークでやや気持ちに余裕ができ、少しだけ周りが見え始める。その時、緊張感が違和感に変わり、気持ちがモゾモゾし出したりします。

鈍感な私には全く関係なく、単に休みボケで、作業効率が下がりがちな1か月でしかないのですが…。こんにちは、編集部のノリスケです。5月病はともかく、職場のムードは働き方に影響があることは間違いありません。でも、「疑問」や「不満」は、同僚には腹を割って話しづらいものです。

tolk2

瓦版では、主に「仕事相談室」でそうした思いを抱えたビジネスパーソンに向けた解消法、解決策を提示していますが、もっとスカッとしそうなイベントがこのほど開催されます。その名も「『職場』についてトコトン語り合う座談会」。

日時は6月15日水曜日19:30スタート。場所は東京・渋谷のTOWN DESIGN CAFÉ(渋谷区神宮前5-7-18プラザ青山1F)。主催は日本労働組合総連合会(東京都千代田区、会長:神津里季生)です。

講師は常見陽平氏

その名の通り、職場について、上司のことや仕事の取り組み方、理想と現実などについて、トコトン話し合ってもらう場になるようです。対象は20代の働く人(転職中でもOK)。ちょうど、職場へのいろいろな思いが頭にうごめく世代です。講師は、働き方評論家で千葉商科大学国際教養学部専任講師の常見陽平氏。職場の裏の裏まで知り尽くす氏ですから、盛り上がること必至の同イベントには最適な人選といえそうです。

tuemi

ノンアルコールですが、“ビール”と軽食も出るようですから、酒場で管を巻くように、完全無礼講で、不平不満をトコトンぶちまけ、スカッとするだけでも行く価値はあるでしょう。参加費は無料ですから、職場に不満があるなどモヤモヤがあるビジネスパーソンはぜひ、参加してみてはいかがでしょう。

応募はコチラから

締め切りは6月13日月曜日です。

仕事の憂鬱を吹き飛ばす13の方法

読み物コンテンツ

働き方白書について
仕事相談室について
極楽仕事術について
三者三様について
戦略的転職について
用語集について