企業風土

支援するなら公私も問わず。トコトン社員を支援する会社の徹底ぶりとは

投稿日:2016年9月7日 / by 瓦版編集部

なぜそこまで支援するのか
(株)フィナンシャル・エージェンシー

fa01

頑張りはトコトン支援する--。保険代理店のフィナンシャル・エージェンシーは、社員のやる気や夢の実現を徹底して後押しする。その領域は仕事はもちろん、プライベートにまで及ぶ徹底ぶり。あくまでサポートで、押しつけではない。社員の人生をよくすることがその目的だ。一体なぜ、同社は公私にわたる支援を惜しみなく実施するのか。その狙いや効果を探った。

2つのコースに分かれるキャリアの意味

企業にとって、社員のモチベーションアップは悩ましい課題だ。無理に引き上げるとやらされ感が充満する。施策を講じたからといって、成果が目に見えるとは限らない。ノー残業デーに象徴されるように、せっかくの制度が形骸化してしまっているケースも珍しくない。これらは、せっかくの施策も表面的なら心に届かず、何の効果ももたらさないことを示しているといえる。

同社に様々ある各制度は、一見すると他社と大きな違いはみられない。だが、じっくり見ると、大きな差異がみえてくる。例えば、評価における「キャリアップ制度」は、「マネジメントコース」と「プロフェショナルコース」に分かれており、社員の価値感を重視した設計で、無理のない成長を後押しする。2つに分かれている点がポイントで、あくまで昇進を目指すなら前者、トコトンスキルを磨き上げたければ、後者を選択すればいい。

菅原氏(左)と近藤氏

社内制度について語る菅原氏(左)と近藤氏

昨今の若者の価値感では、昇進欲は低下傾向にあり、実際、同社でも「プロフェッショナルコースを選択する割合が高い」という。それでも、あくまで社員の希望を重視するためにこうした制度を設けている。もっとも、ここまでなら、他の企業でも珍しくない。同社では、業務を超えた社外での活動にも徹底した支援がある。そのひとつが「アスリート制度」だ。

やるならプロまで支援するアスリート制度

社内の部活動が基本だが、本人がその競技で上を目指すなら、全面支援するという粋な制度だ。実際に、バスケットでプロレベルを目指す社員がいたり、プロを目指すボクサー社員がいる。仕事には直接関係のない、いわば趣味をなぜそこまで会社が支援するのか。ここに同社のスピリッツが色濃く滲んでいる。

fabasefagolf

「弊社もともと保険の通販という事業でスタートしました。立ち上げ当初はそんなことは無理と思われる中で、夢を諦めずに突き進み、いまに至っています。その創業時の精神で、社員には、仕事はもちろん、学生時代に打ち込んでいた夢を諦めずに続けてもらいたいというトップの思いが各種の制度に反映されています」と同社HR部担当部長の菅原亜美氏は説明する。

社会人になると、多くの人は当たり前のように、なにかを諦めてしまう。それが夢の場合もあれば、仕事でのちょっとした目標だったりすることもある。その必要はなくても、なにかに刷り込まれたように夢や希望を整理し、小さく収まってしまう。そうした暗黙の常識に捉われないためのカンフル剤的な存在が、同社の各種制度といえるのかもしれない。

社内結婚推奨だけに留まらない息の長い支援の中身

とにかくトコトン。その精神が象徴されている制度が、マリッジ制度といえるだろう。社内結婚を推奨する制度だが、その支援の期間が半端じゃない。「ともすれば、社内婚禁止の企業もありますが、弊社は推奨しています。お互いに仕事を理解していると長く仕事を続けられるなど、利点が多いですからね」と菅原氏。長く仕事を続けてもらうことが狙いとあって、結婚時はもちろん、出産時、子どもの各種学校入学時、そしてなんと、子どもが成人し、同社に縁故入社した場合まで、それぞれ手当が支給される。ここまで息の長い手当の支給はそうないだろう。

トコトン応援してくる風土のオフィスはやる気のある人に追って最高の場所だ

トコトン応援してくる風土のオフィスはやる気のある人にとって最高の場所だ

こうした義理に厚い会社だからなのだろう。同社には、一度退社した社員がUターンし、活躍している事例もある。その活躍ぶりもあって、“カムバック制度”としての導入も検討されているという。そうなれば、一時的ながら、同社は転職の“支援”も行うことになる。

企業と社員の関係は、主従関係に違いはない。だが、企業が「働かせてやっている」とスタンスでは、優秀な人材は離れていく時代。そうした中で、公私にわたり、徹底的に支援するという同社の社員への関わり方は、万人向けとはいわないにしても、多くのビジネスパーソンにとって、心に響く、やる気を掻き立ててくれる後押しに感じられるのではないだろうか。


【会社概要】
株式会社フィナンシャル・エージェンシー Financial Agency.Inc会社名:株式会社フィナンシャル・エージェンシー (英文表記:FINANCIAL AGENCY, Inc.)
所在地本社 :東京都渋谷区恵比寿1-19-19 恵比寿ビジネスタワー16F(受付)
設立:2007年3月2日(決算期3月)
創業:2007年10月1日資本金9億4,675万円(および資本準備金:9億3,675万円)
従業員数:1,213名(連結グループ、2016年8月現在)
経営陣代表取締役:  齋藤正秀
取締役:    鈴木雅典
取締役:    三浦義範
取締役:    高橋誠
監査役:    﨑井重信
監査役:    薗吉輔
監査役:    岩本和広
顧問弁護士:潮見坂綜合法律事務所
フォーサイト総合法律事務所
監査法人:有限責任監査法人トーマツ

読み物コンテンツ

働き方白書について
仕事相談室について
極楽仕事術について
三者三様について
戦略的転職について
用語集について