企業風土

評価頻度が通常の倍以上。激速企業の気になる実状

投稿日:2016年9月14日 / by 瓦版編集部

まさにドックイヤーな昇級・昇格を実現する企業
(株)ごちぽん

gochipon
ドッグイヤーという言葉がある。犬の1年が人間の7年に相当することから、技術革新などの変化が速いことを意味する言葉として使われている。まさにこれに準ずる猛スピードで昇級・昇格を実現する急成長企業がある。地域活性アプリ、ごちぽんの企画開発を行っている(株)ごちぽんだ。昇降級/昇降格の評価実施の頻度は、なんと月1回。採用戦略とも密接に絡むその仕組みや効果を担当者に直撃した。

年間最高で12段階のキャリアップが実現

企業の昇級・昇進ペースは、早くてもたいてい3か月か半年。年一回が普通だ。だが、同社ではなんと、月一回は昇進・昇格のチャンスがある。つまり、最高で1年で12段階のキャリアップが実現する。その理由を経営企画部でHR/PR担当の宮崎由衣氏は次のように説明する。

スピード評価の概要を説明する宮崎氏

スピード評価の概要を説明する宮崎氏

「弊社はまだ事業を開始して約1年。ブランド力も知名度も足りません。そこで、採用は2つの柱で進めております。スキルや経験を重視した中途採用。そして、スキルや経験を重視しないアルバイト採用です。アルバイト採用については、基本的に過去経歴等を重視せず、弊社に興味を持ってくれた人材を対象にポテンシャル採用しています。サービスを立ち上げたばかりのベンチャーですので、将来の成長可能性を重視したアルバイト採用も積極的に行っております。そのため、過去ではなく、今の実力や今の結果をベースに評価をする仕組みをつくりました。どんな境遇の人も平等に昇格できる環境を構築するためです」。

気になる評価の仕組みはいたってシンプル

極めてシンプルで分かりやすく、公平な同社の評価システム。昇進欲がそれほどなくとも、自ずとモチベーションが高まりそうだ。そんな中、目指す「山」はアルバイトから始まり、スタッフ、リーダー、マネージャー、部長、役員となっており、スタッフからマネージャーは各3階層に分かれる。従って、1年あれば、バイトから部長への昇格も夢ではない。当然、給与も大幅にアップする。まるでちょっとした“ジャパニーズドリーム”といえるだろう。

実際、この仕組みによって、昇格すべき人が公平なジャッジのもと、確実にキャリアップを果たしている。具体的には、バイトから入ってわずか1年ほどでマネージャーに昇進する人、エンジニア未経験ながら、短期間でエンジニアのトップに上り詰めた人材がいるなど、同社ではガッチリとレールの敷かれた大企業では考えられないような特進人事が続出している。

それにしても、1ヶ月ごとの人事評価となると、手続きが煩雑になるなど、企業にとっては面倒も増える。また、誰にでも好不調の波はあり、連続昇格する一方で、降格となるような低迷に陥る人材も出てくるだろう…。宮崎氏が補足する。

「営業職とバックヤード部門で違いはありますが、シンプルに目標に対する結果でみますので、評価はそれほど難しくありません。降格ということももちろんありますが、結果を出すことで自らの役職や給料がアップするというスタイルは分かりやすく、社内にも着実に浸透しつつあると思います」。

決してガツガツに寄らないバランスのとれた社風

公平ゆえに当然降格もあり得る。だが、それ以上に高頻度で昇進・昇級があることで社内のモチベーションは全体にアップ。万一降格となっても、前向きに捉えるムードが醸成されており、なにより、すぐに巻き返しのチャンスがやってくるため、凹んでいる暇もないだろう。

社名でもあるごちぽんは地域活性化ゲームアプリとして急成長中だ

社名でもあるごちぽんは会員数200万人を突破する地域活性化ゲームアプリとして急成長中だ

まさに“ドッグイヤーな”時間が流れる同社。そうなると、イケイケでガツガツの空気が支配していそうだが、決してそんなことはないのが、素晴らしい点だ。「過去の経歴は重視しませんので、中卒の方もいます。一方で日本最高峰学府出身の人材もいます。外国籍の社員もいます。働き方として、あえてアルバイトを選択する人ももちろんいます。私どもは、そうした多様な人材が過去に一切捉われることなく、存分に活躍できる環境を整備し、ダイバーシティ経営を浸透させたいと考えています。その結果がこうした仕組みにつながっています」。

いい大学に入り、知名度のある企業に就職。その後は敷かれたレールに乗り、安定路線を突き進む。これがいわゆる、就活の“勝ち組”といわれる人材が歩む道だ。一方、同社では、学歴は関係なく、会社に興味を持った人材が入社。そこにレールはないが、チャンスはゴロゴロと転がっている――。大企業とはまるで正反対といえる評価スタイルを採用する同社がいま、急成長を続けている事実は、過渡期にある働き方や変質する価値観と相まって、非常にユニークで痛快だ。同時に、ミスマッチを予防する次世代にフィットする採用スタイルとしても極めて合理的理といえそうだ。


【会社概要】
株式会社ごちぽん社名:株式会社ごちぽん
事業内容Webコンテンツの企画・デザイン・運営インターネットを利用したシステムの設計・開発・運用・保守・販売地域プラットフォームごちぽんの企画・開発・運用
設立:2011年12月1日
代表者:渡邉 真
所在地:新宿オフィス:東京都新宿区四谷1-22-5WESTALL四谷ビル 1F

読み物コンテンツ

働き方白書について
仕事相談室について
極楽仕事術について
三者三様について
戦略的転職について
用語集について