働き方

20代で転職に成功したい人は知っておいて欲しいこと

20代、まだ社会人になって10年もたたないうちに転職をしたいと考える人は意外と多いようです。転職をしたい理由は様々ですが、折角転職を考えるなら成功させたいと頭を悩ませる人のために、成功するための転職術を紹介いたしましょう。

もはや転職は当たり前

job-change-ok
今では転職をするのが当たり前のような文化ができあがってきています。世の中では「人手不足」という言葉が躍り、どの業界も仕事はあれども人がいないという状況に陥っています。現在では国民の総人口減少と共に、労働人口も減りつつあります。女性の社会復帰や65歳の高齢者が再度働くということで、労働人口を賄っている状況です。

そのため、どの会社もどの業界も、人を募集しているのです。ここで重要なのは、どんな人でもいいというわけではなく、「できることなら優秀な人」を、「できることならしっかりとした意思を持つ人」を雇いたいと企業側は考えているのです。

20代での転職については、ハードルが高い時代もございました。理由としては、社会人経験をさほどしていない人間がコロコロと職を変えることに対して、意思が弱いであるとか、根性がないといったマイナス的な意見があったからです。

しかし、今では逆に一度社会人経験をしている20代は、社会人としてのマナーや仕事への取り組み方を一から教える必要がないので、扱いやすいという意見も出てきています。社会情勢の変化により、20代で転職をすることについて、マイナスイメージが無くなってきています。

若さとやる気をアピール

appeal-young-power
いざ転職をするとなったときには、まず普通に転職サイトなどに登録して履歴書や職務経歴書の作成から始めてください。最近の転職サイトでは履歴書や職務経歴書を簡単に作ることができるサービスもあるので、大いに利用しましょう。

履歴書や職務経歴書を書く際には、若さとやる気をアピールすることを忘れないようにしてください。経歴に嘘を書くことはできませんから、できることややってきたことをしっかりと客観的に見て評価されるようなことを基準に作成してください。

転職サイトとしては、履歴書・職務経歴書のフォーマットが揃っているだけではなく、自分の能力や強みを知ることができる「グッドポイント診断」などを行っている。リクナビNEXTがおススメです。



リクナビNEXT

履歴書の書き方や職務経歴書の書き方などについては、プロの意見を参考にしてみてください。数々の転職を成功させてきたノウハウの一部を公開しています。
プロが伝授する、成功率を倍増させる転職術を大公開

未経験OKには注意を

「未経験者歓迎」や「未経験OK」という文字が転職サイトにはたくさん書かれていると思いますが、こういった表記には注意をしましょう。
例えば、誰でもできる単純作業を延々とやるという仕事であったり、未経験ということを加味されず、無理な業務を押し付けられたりするといったことも十分にあり得る話です。
中には、人を育てる教育プログラムがしっかりとしている会社もあるので、一概にこの表記がダメ!というわけではありません。

見極める方法としては、やはり業務内容を事細かに調べて、その会社のことを知ることが重要です。どんなことをしている会社なのか、どんな業務がその会社で行われているのか、会社のホームページや業務実績などを見て客観的に判断してください。ビジネスモデルをチェックすることも重要です。

企業をしっかりと知ってから転職を

know-about-companies
いざ企業に応募しようと考えた際に、一番重要なのは、その企業についてしっかりと理解することです。最近の転職サイトには企業の評判や批評が書かれていることもありますので、参考にしてみるといいでしょう。

しかし、その情報を鵜呑みにするのは危険です。なぜなら、中にはその企業に以前勤めていた人間が悪意を持って批判した内容もあるからです。情報の真偽を確かめるのは難しいので、最終的には自己判断が重要になりますが、気になる部分があれば面接で訊いてみましょう。

企業について知り、そこで自分が働いている姿を想像し、自分のこれからの人生がどうなっていくかを考えましょう。これができないまま転職をしてしまうと、思わぬ失敗を引き起こしてしまいます。折角転職をしたのに、転職先が自分に合わなかったと感じることは十分にあり得る話です。そうなると、再び転職の道を模索し始めてしまいます。転職には労力が掛かるので、回数が少なくて済むならそれに越したことはありません。それに、転職を繰り返すことで、社会的信用を失うこともあります。

転職を考えるのであれば、まずは社会を知り、企業を知り、そして自分を知りましょう。その中で、自分の能力を最大に発揮できるところで働いていけるようにいたしましょう。

読み物コンテンツ

働き方白書について
仕事相談室について
極楽仕事術について
三者三様について
戦略的転職について
用語集について