働き方

<新連載>グローバルに自由に稼ぐ働き方の実現法 

投稿日:2013年5月15日 / by 瓦版編集部
海外でのノマド修正

こんなところで仕事をするなんて本当にうらやましい…(平城寿氏撮影)

社会人生活のスタートは最悪

今回はご挨拶の意味を込めて私の自己紹介をさせて頂きます。

私は1976年に、九州の宮崎県で生まれ、高校まで宮崎県で育ちました。大学まではそこそこ順風満帆かと思いきや、就職氷河期であった1999年に就職活動で大きく敗れ、自分が興味のある会社に就職ができませんでした。

就職浪人をしながら、大学を卒業して半年後にようやく就職したのですが、大手の下請けのIT会社で、かなり過酷な労働環境を強いられ、社員のモチベーションも最悪でした。そこで、私は決意しました。

武器を身につけての独立を決意

『なるべく早く自分の武器を身につけ、会社を辞めて独立してやる!』 と。

それから、私はWordを立ち上げ、『5年以内に500万円を貯蓄して、会社を辞める』 と打ち込み、A4サイズの白い紙に印字して、同じくA4サイズのクリアケースに保存して、鞄の中に入れて毎日持ち歩きました。

就職した時の全財産は20万円程度だったでしょうか。5年以内に500万円を貯めるためには、1年に100万円以上貯蓄する必要があります。両親の援助は受けられません。少しでもお金を貯めるために、会社で食べるお昼ご飯は、自分で弁当を作って持参しました。(今考えると、かなり早い段階で『弁当男子』をしていたことになります(^_^;)

当時は実家の宮崎県から離れ、福岡県で独り暮らしをしていたので、20万円もしない初任給の中から家賃などを捻出して、お金を貯めていかなければならなかったのです。昼食時になると、1人で会社のビルの屋上に上がり、ビジネス書などを読みながら、1人で黙々と弁当を食べていました。<毎週水曜日更新>

参考記事:フリーランスから独立への近道とは

連載:グローバルに自由に稼ぐ働き方の実現法

 


海外ノマド平城氏【プロフィール】平城 寿 Hirajo Hisashi
1976年宮崎県生まれ。九州大学工学部卒(1999年)。もともとITエンジニアで、2004年にSOHO事業者向けビジネスマッチングサイト「@SOHO」を1人で立ち上げ、4年で日本国内No.1の会員規模にまで育て上げる。その後インターネットの可能性に魅了され、自らネットを活用した「場所や時間にとらわれないワークスタイル」を実践。2011年より海外に拠点を移し、アジアを中心に毎月5都市以上を訪問。『海外ノマドスタイル』を確立して、その魅力を発信している。

平城寿公式ブログ:http://hirajo.com/
平城寿Facebook:http://www.facebook.com/hisashi.hirajo
@SOHO:http://www.atsoho.com

読み物コンテンツ

働き方白書について
仕事相談室について
極楽仕事術について
三者三様について
戦略的転職について
用語集について