働き方

「成幸」を手に入れるための第一歩

投稿日:2015年3月27日 / by 瓦版編集部

自分にとって最高に幸せな状態はなにか?

成功への第一歩は最高に幸せな状況を定義すること(平城氏撮影)

成功への第一歩は最高に幸せな状況を定義すること(平城氏撮影)

今回は、「成幸」を手に入れるための第一歩についてお話します。それは、『自分にとって最高に幸せな状態が何か?』を定義することです。他人の意見や視線とは全く関係の無いところで、自分の『心の声』に従って、定義していきます。

私達がこの世に生を受けて放り込まれた『ピラミッド社会』では、固定概念・世間体が私達の心を支配し、がんじがらめにされています。こういったものをいったんリセットするところからスタートします。

リセットには一人になれる空間がベスト

会社や自宅など、知人や家族がいる空間ではなく、カフェなどの独りになれる空間が良いでしょう。独りになれる空間で、独りになれる時間を作る。まずはここから、第二の人生がスタートします。

『成りたい自分がわからない』。そういう方は、そもそも最初から選択肢を除外してしまっている可能性があります。『どうせ私には無理だ』と、本当は100も200もある選択肢を、1つか2つ程度に絞ってしまっているのです。

『ああすべきではない、こうすべきではない』という考えを一切捨て、生まれた時の自分を想像して、自分に問いかけてみてください。最初から完璧に定義できなくても、何か1つでも取っ掛かりが掴めれば、第一歩を踏み出すことができます。

この過程で、あなたの思考の妨げとなりえるのが、近所の知人、会社の知人、友人、親兄弟、親族、場合によっては配偶者など。関係が身近になればなるほど、相手はあなたをコントロールしたいと思うものです。

自分勝手になり、周囲の人に迷惑をかけるのは良くないですが、自分の思考を妨げられるのも良くありません。決して自分勝手になるのではなく、自分にとって何を達成できれば幸せを感じられるのか、について考えます。パートナーやお子さんがいる場合は、家族全体としての成幸も考えましょう。

異国へ出かけることもいいきっかけに

1日のうち独りになれる時間を持つだけでなく、住む場所や職場など、環境を変えることも視野に入れてください。異国への旅に出かけるのも良いきっかけになります。異国で様々な文化や価値観に触れることで、世の中の多様性を体で理解することができ、自分なりの成幸を考えるヒントになります。

私が海外ノマド生活を通して得たもの。それは、『固定の価値観にとらわれない強さ』でした。固定の価値観にとらわれないということは、人生において視野狭窄にならず、様々な考え方の中から、最良の選択を導き出すことができます。考え方や生き方も柔軟になります。

すると、少しぐらいのことでは動じなくなり、まさに生きる力が強くなります。最初はなかなかインスピレーションが湧いてこないかもしれませんが、

1)独りの時間を持つ

2)多様な価値観に触れる

この2つを繰り返すことにより、次第に自分自身の『成幸像』が明確になっていきます。こういった過程を経て、手がかりが見つかったら、いよいよ自分の道を進んでいきます。

孤独になる勇気を持つ

最初は完全に1人からのスタートです。これは孤独です。周囲の人から見て、あなたが何をやっているのか、理解されないかもしれません。それでも勇気を出して進んでみてください。

最初は1人ですが、活動を継続していると、徐々に共感者が集まってきます。そして、自分の周りが好きな人だらけになります。毎日が楽しくて仕方がなくなります。そのために、まずは孤独になる勇気を持ってください。自分の幸せは、自分で定義するしかありません。


hiraosi【プロフィール】平城 寿 Hirajo Hisashi
1976年宮崎県生まれ。九州大学工学部卒(1999年)。もともとITエンジニアで、2004年にSOHO事業者向けビジネスマッチングサイト「@SOHO」を1人で立ち上げ、4年で日本国内No.1の会員規模にまで育て上げる。その後インターネットの可能性に魅了され、自らネットを活用した「場所や時間にとらわれないワークスタイル」を実践。2011年より海外に拠点を移し、アジアを中心に毎月5都市以上を訪問。『海外ノマドスタイル』を確立して、その魅力を発信している。

平城寿公式ブログ:http://hirajo.com/
平城寿Facebook:http://www.facebook.com/hisashi.hirajo
@SOHO:http://www.atsoho.com

読み物コンテンツ

働き方白書について
仕事相談室について
極楽仕事術について
三者三様について
戦略的転職について
用語集について