働き方

キャリアプランニング

PAK85_kakuteishinkokuyabai20140312233602_TP_V

働くうえで理想を実現するための計画

キャリアプランニングとは、働き方という観点から、理想の自分や将来について計画(プランニング)するという意味を持つ言葉だ。ビジネスにおいて、キャリアとは「職歴」という意味で使われることが多いが、キャリアプランニングは、生き方そのものを計画するのが特徴である。広い意味で「夢をかなえるためのプラン」と言い表しても間違いではないだろう。

自分を深く知ることから始まるプラン

キャリアプランニングのやり方は、具体的に自分の職歴や能力、現在状況などを書き出し、それを基に将来の目標を定めていくというスタイルが一般的だ。

厚生労働省はキャリアプランニングをする方法として、「ジョブ・カード」というツールの使用を推奨している。これは履歴書のように自身の学歴、保有資格、職務経歴などのほか、仕事を通じて達成したい目標や将来の夢について細かく書き込むことができるツールである。

将来を計画することで得られるメリット

将来の計画を立て、目標を細分化することにより、今現在やらなければいけない事がハッキリさせることができる。これにより、努力するモチベーションが生まれるほか、効率よく時間を使えるようになるのがキャリアプランニングのメリットだ。学生や求職者であれば、キャリアプランニングを立てることで自分の強みが解り、企業に対して自己PRしやすくなるという点も大きな利点だろう。

ただし、当然ながら事故や怪我、会社の倒産などにより、立てたプラン通りに人生を謳歌できるとは限らない。そのため、自身の描いたキャリアプランニングを定期的に修正する作業も必須となる、という点は頭に留意しておきたい。

読み物コンテンツ

働き方白書について
仕事相談室について
極楽仕事術について
三者三様について
戦略的転職について
用語集について