働き方

イノベーションを起す人に見られる特徴5つ

イノベーションとは、現状に新しいアイデアを加えることで社会に大きな変化や衝撃をもたらすことをいう。イノベーションを起したいという人はたくさんいるだろう。しかし、どんな人ならばイノベーションを起せるのか分からないというのも現実である。今回は、イノベーションを起こす人の特徴を解析。そこから革新を起こす人を導きだしてみよう。

イノベーションを起す人は、普通の人とは違う考え方をしている。そして、周りの騒音など耳に入らない。どんな苦労をしてでも自分のことを信じ、成功を目指して突き進んでいく。彼らに見られる共通した特徴を掘り下げていく。

イノベーションを始めるにあたり、まず必要なことは過去のデータを調査すること。そして、そのデータをもとに将来の戦略を立てられる人だ。膨大な量のデータを冷静な目で分析し、過去の失敗と成功から未来の成功戦略を立てられる人。今までの姿と理想の姿を比べ戦略を立てていく。そんな人はイノベーションを起しやすい人である。もちろん、その戦略の目標、達成期間などの設定が綿密であり達成可能であることは言うまでもない。

常に一歩先の未来を考えられる人

偉大な発明家、エジソン。彼だって電球が欲しいという声に応えて、電球を発明したのではない。世の中のニーズを汲み取り、他の人が考えもしなかった電球を発明したのだ。それは、一足先の人々の未来の生活を良くしようと取り組んだ結果である。こうなったらいいと思う未来をイメージして変革を生み出していく。イノベーションとは、人間の潜在的な願望が実現していくことなのだ。

失敗を恐れず挑戦する人

失敗なくして成功は生まれない。成功した人は人の何倍も失敗をしている。イノベーションを起す人は失敗に対する不安や心配が少ない傾向にある。むしろ、プレッシャーというものを楽しんでいるようにも見える。結果を出す人は、人に見えないところで、努力や失敗を繰り返している。しかし、それでもめげずに立ち向かっていくことで、ある臨界点で今までの努力が爆発的に開花し、成功という目覚ましい結果をもたらす。彼らは成功までの失敗や不安に打ち勝ち、結果という産物を手に入れているのだ。

ブレない自分軸を持っている人

ブレる人は自分の選択に自信がない人だ。イノベーションを起す人は、ブレない自分の軸を持っている。他人にどう言われようが、どう批判されようが自分の選択には責任を持ち筋を貫き通す。自分の選択を100%自分でしている人は絶対的な自信があるし、判断基準を他人に委ねたりはしない。自分で選択した判断に自信を持ち続けられるからこそ、イノベーションという世の中に大きな衝撃をもたらす偉業を達成できるのだ。

「常識とは、18歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう」これはアインシュタインの有名な言葉であるが、イノベーションを起す人は今までの常識をそのまま鵜呑みにしない。常識を疑ってかかるのだ。それは、世間と反対のことを言ったり、時には対立することである。イノベーションとは、今までにない非常識な発想から生まれるものである。多くの人が疑わない常識を疑うと、大量のアイデアが溢れてくる。イノベーションは業界の常識、思い込みを覆すことから始まるのだ。現実社会でほんの4、5年前に常識だったことが今では非常識になっていることが多く起きている。イノベーションを起す人になるのならば、常識を疑える人でありたい。

イノベーションを起す人たちは、強気で一風変わっている人が多い。それだけ、他の人とは違う発想をし、違う行動を起こそうとしている人なのだ。今までと同じことをずっとやり続けるのではなく、新しいことをはじめようとし、リスクを負ってでも挑戦しようとする。その姿は大胆で、過激的に見えることもある。

イノベーション成功までのプロセスは決して、単純ではない。すぐに結果が表れるわけでもない、長くて地道な道のりだ。しかし、困難を乗り越えていくことで道は必ず開けていく。イノベーションが多く発生し、技術の発展が進んでいくことで今ある仕事も10~20年後にはなくなっている可能性がある。他人が起したイノベーションに乗っかる人ではなく、自らイノベーションを起せる人となり、もたもたせずに時代の流れについていかなければならない。

読み物コンテンツ

働き方白書について
仕事相談室について
極楽仕事術について
三者三様について
戦略的転職について
用語集について