働き方

トランスボーダー社会

【トランスボーダー社会】

境界のなくなる社会。すなわち、男性と女性、若者と老人、職場と家庭、仕事とプライベート、さまざまなところにあった境界が低く、あるいは微かなものとなり、人々がその境界を軽々と超えることができるようになる社会をいう。その先に何があるかといえば、これまでにはなかった新たな繋がりが生まれ、それがまたイノベーションの源泉となる。日本テレワーク学会が提唱している。国の境を越えた働き方の典型例としては、クラウドソーシングがある。

読み物コンテンツ

働き方白書について
仕事相談室について
極楽仕事術について
三者三様について
戦略的転職について
用語集について