インタビュー

転職にも“人工知能”を活用する時代が到来

投稿日:2014年12月12日 / by 瓦版編集部

人工知能がサポートする20代の転職アプリ

キャリアトレック

こんな感じで毎日最大で10社がレコメンドされる

転職戦線、深化アリーー。(株)ビズリーチ(東京都渋谷区)は先ごろ、「キャリアトレック」のiOS版( http://goo.gl/hPPFfs)をリリース。20代向けの提案型転職アプリとなる同サービスは、ユーザーの志向に合った求人情報を“人工知能”で選別する革新的な機能を搭載し、他のサービスと一線を画している。

レコメンド型転職サービスとなる同アプリ。まず、他と大きく違うのが、検索機能がない点だ。検索に代わり、ユーザーを適職へ導くのは、「キャリア診断」。これは、ユーザーが企業を選ぶ上で大切にする基準をチェックするもので、20項目の質問が用意されている。

「収入」や「企業規模」、「企業の認知度」、「興味ある分野」…などの質問があり、大まかにユーザーの適性を把握する。この情報を踏まえ、同社が独自開発した“人工知能”が、適性を判別し、毎日最大10社ずつ、おススメ企業を提示する。ユーザーは、レコメンドされた各企業を「気になる」もしくは「気にならない」とスワイプして仕分け(下画像↓参照)。この選別の仕方によって、人工知能はさらに学習し、次からより高精度に企業を提案する。

「一般的な転職サイトでは、膨大な求人情報を検索する必要があります。キャリアを積んだビジネスパーソンにとってはうまく活用できても、20代では興味のある企業を探し出すのは困難。探せたとしても自分の知識の範囲内に留まりがちです。そこで、この問題を解決すべく、30万人以上のエグゼグティブのデータから生みだされたレコメンドエンジンを搭載したこのアプリを開発するに至りました」と同社広報の田澤玲子氏は説明する。

操作の基本は指一本で完了の手軽さ

同社が実施したPC版(http://www.careertrek.com/)での事前テストでは、20代の転職活動では、検索よりもレコメンドによる応募が圧倒的多数であることが判明している。さらに、活動時間については、忙しくて時間が取れないことが課題となっていることが分かり、同アプリでは極力、手間がかからない様、工夫が散りばめられている。

キャリアトレックios版

左からキャリア診断→企業レコメンド→応募。非常にシンプルだ

例えば、企業をレコメンドするときに表示される画面は、一枚の写真と10文字から20文字の紹介文、キャッチコピーのみというシンプルさ。それを選別するのも、スマホのスワイプ機能で指一本で行える、といった具合だ。まるでゲーム感覚で、手軽に効率的に“転職活動”ができる点は、このアプリの大きな特長のひとつといえるだろう。

20代の新しい転職スタイルとして、その特長を説明する田澤氏

20代の新しい転職スタイルとして、その特長を説明する田澤氏

「そもそも、いい転職するためには、しっかり準備をする必要があると考えています。しかし、続かなければ意味がありません。そこで、ユーザーが極力手間をかけずに作業できるよう工夫しています。企業情報をファーストビューではあえて特長を凝縮したシンプルなものとしたのもそのためです」(田澤氏)。

こうして、ユーザーが毎日、日課として企業の選別を1日10社行い続けると、半年では1800社近くの企業をふるいにかけることになる。その結果、マッチング精度はグングンアップする。20代のビジネスパーソンが、半年で実行するには膨大な数だが、このアプリなら、ムリなく、むしろ楽しみながら実現できてしまう。最終的には、お気に入り企業にスマホで応募まで行えるが、このとき初めて個人情報を登録するというのは、徹底した手軽さの象徴といえるだろう。

ライバルはニュースサイトの革新性

ところでこの感覚、何かと似ていないだろうか。そう、いわゆる人工知能型のニュースサイトだ。自分の好みに応じ、マッチした情報配信を行うあのニュースキュレーションサイト。同アプリは、いわばその転職版、といっていいかもしれない。もっとも、同社では、そうしたサイトは「ライバルです」とキッパリ言う。なぜなら、通勤時間や休憩時間に使ってもらう上で、そうしたニュースサイトやゲームなどとは、スマホ画面を奪い合うことになるからだ。

「本当に自分にマッチした仕事をみつけるためには、常に選択肢と可能性を探し続け、多くの中から選ぶことが大切です。そうしたことを知らない中で、いくら転職活動をしても何も始まらない。その意味でもこのアプリが、毎日ニュースチェックするように20代の転職活動の新たなスタイルとして定着して欲しいですし、キャリアデザインの構築に役立てればと思います」(田澤氏)。

インターネットを活用したソリューションが、各分野で着実に浸透する中、転職市場にもいよいよ本格的にその波が到来した。なにより効率的であり、ユーザーの潜在的なニーズを掘り起こす、革新的な同サービス。スマホの普及が生んだ、ある意味で必然の“スマホ転職”。その手軽さとは裏腹に、労働市場に変革をももたらす、転職を天職へ近づける大いなる可能性を秘めた転職の深化系サービスが登場した。

なお、同サービスの現在の会員数はPC版と併せ、7万人。求人案件数は1万7,000件で、掲載企業約4,000社。Android版は2015年初旬にリリース予定で、スマホアプリは早期に10万ユーザーの獲得を目指す。

 

読み物コンテンツ

働き方白書について
仕事相談室について
極楽仕事術について
三者三様について
戦略的転職について
用語集について