インタビュー

なぜいまが働く女性にとって活躍できる“最後のチャンス”なのか

投稿日:2016年3月9日 / by 瓦版編集部

大事なことは<自分で決め、自分で選ぶ>
(株)クオレ・シー・キューブ 岡田康子代表

女性活躍推進法の成立に象徴されるようにいま、働く女性の活躍を後押しする風が吹きつけている。女性が未来を発見するためのキャリアデザインを指南する最新刊「自分で決める、自分で選ぶ」の著者で、(株)クオレ・シー・キューブの岡田康子代表もこの状況を「チャンス」と明言する。ただし、一方では、「ラストチャンス」とも指摘する。乗り損ねれば、もう二度とここまでのチャンスは訪れない――。なぜ、このフォローウィンドが、働く女性にとって、2度と来ないチャンスなのか。聞き捨てならない言葉の真意と処方箋を聞いた。

oka01

女性活躍の絶好機であり、ラストチャンスである理由

長らく叫ばれている女性活躍を推奨する声。ここ数年は、政府の後押しもあり、特にそのトーンが高い。一方で、当の働く女性はどうかといえば、ややしらけ気味だ。その因果関係はともかく、政府も最近になって、女性管理職3割の目標を事実上撤回した。やはり女性の活躍は、望むことが無意味なテーマなのか…。

岡田氏 女性にとって、いまがチャンスであることは間違いありません。今、かつてないほど人材不足の時代と言われています。それは形だけの女性活躍推進ではなく、企業が戦力として女性を必要とする流れになっていますから、いまこそチャンスといえると思います。ただし、一方で、これが最後のチャンスでもあると思います。

ラストチャンス。いつかまた波は訪れる。これまでの歴史を振り返れば、ぼんやりとそんな楽観もしてしまうが、もう二度とこうした風が吹かないかもしれないというのは穏やかでない。一体、どういうことなのか…。

岡田氏 いわゆる労働力不足が叫ばれているのは、ここ数年先までの話です。単純な作業や力仕事は人工知能やロボットにとってかわられることでしょう。いわれたことを真面目にやるだけでは、やがてロボットに負けてしまいます。ということは人間にしかできない仕事をする人、自ら考える人が求められてくるのです。「このままでいいんです」と目の前の与えられた仕事に一所懸命取り組んでいる人がいますが、それだけではだめですね。社会が変わり、会社が変わっていくのですから自分自身も変化していかなければなりません。成長を拒む、チャンスを活かさない人は社会から置いていかれることになりかねません。そうなる前に、策を打っておく必要があるということです。10年後に自分の職はどうなるのか、そして会社はどうなっているのか、を真剣に考えなければいけない時代に突入したのです。

decidion

競合が人工知能へシフトする時代に持つべき心構えとは

これまではことごとく、女性活躍の機運に乗り損ねてきた感がある日本社会。その間にテクノロジーがどんどん進化。気が付けば、人の仕事に取って代わる存在にまでなった。「まだ先」、と思っていたことが、いつのまにかもうすぐそこまで、危機が迫っている。「大丈夫、別にいい」。そんなスタンスはもう通用しない。だからこそ、働く女性に追い風が吹き付けるいまが、最後のチャンスなのだ。

岡田氏 コンピューター、人工知能がどんどん進化するなかで人間として勝っている部分は何なのか?それをしっかり見極めることが大切です。これまでの産業界は技術的イノベーションと経営的イノベーションによって発展してきました。しかし、それも限界が見えてきています。これからは感性イノベーションが必要だと言われています。つまりイノベーションには左脳的思考のみならず右脳的思考が必要となってきているということです。ですから、感性や感情が豊かな人がイノベーションを促進するといってもいいでしょう。実は生活の身近なところにイノベーションのヒントが転がっている。だから、生活感を持っている人、一般的には女性がその可能性を秘めているんです。(後編:上昇志向のない女性こそいま、人材として必要な理由に続く)

女性活躍推進法

 


【プロフィール】
岡田 康子 株式会社クオレ・シー・キューブ代表
1954年生まれ。中央大学文学部卒業後、社会福祉法人や民間企業での勤務を経て、1988年企業の新事業コンサルティングを行う株式会社総合コンサルティングオアシスを設立。1990年東京中小企業投資育成株式会社から投資を受けて働く女性を支援する株式会社クオレ・シー・キューブを設立するなど自ら事業推進の経験を持つ。また1988年から社内起業研究会を主催し新事業やベンチャーの研究を行う。2001年にパワーハラスメントという言葉を生み出し、その後一貫してハラスメント防止対策に取り組む。2013年からDIW(Dynamic Innovation by Women)というコンセプトの下、働く女性活躍の支援サービスを行う。

株式会社クオレ・シー・キューブ: http://www.cuorec3.co.jp/

読み物コンテンツ

働き方白書について
仕事相談室について
極楽仕事術について
三者三様について
戦略的転職について
用語集について