インタビュー

就活メガ媒体と決別したワケ

投稿日:2014年5月20日 / by 瓦版編集部

自力で優秀な人材を確保する採用活動

IMJオフィス

(株)IMJ

企業の採用活動が変わりつつある。就活メガ媒体を活用した大量エントリー“振り落とし型”採用と一線を画し、独自路線で社風に合った人材を採用する“狙い撃ち型”採用へとシフトする企業が増えているのだ。社内に「特設Bar」を設置し、学生との距離感を大事にしながら独自の採用活動を行ったIMJ。人事担当者にその狙いと成果を聞いた。


大手就活サイトとの決別

宇野氏

独自路線の採用活動をゼロから始めた宇野氏

2013年度、2年ぶりの新卒採用を行うにあたり、同社はある決断を下す。いわゆるマス形の採用スタイルとの決別だ。デジタルマーケティング分野では業界トップながら、専門性が高いため、知名度が低いことから、マス型ではメガ企業に勝てないとの判断だった。これまで活用していた大手就活サイトを全て辞め、採用は独自に行った。

もっとも勝算があるわけじゃない。メガサイトに登録しておけば、それなりに学生が集まり、人材も確保できる。いつの間にかそうしたスタイルが染みついているだけに、独自といってもノウハウなどない。地道に大学の就職課を回る泥臭いスタイルからのスタートだった。

学生との距離感を縮める特設Bar

転機は、同社のリクルートサイトに携わるアルバイト学生に声をかけたことから訪れる。その学生の紹介を発端に“就活の輪”が少しずつ拡がり、その内、優秀な学生が集まりそうな場所をかぎわける嗅覚が身についた。

泥臭さの中にも次第に効率性が混ざり始め、着実にいい人材が集まり始める。次のアクションは、そうした学生へ同社を知ってもらう機会の提供だ。とはいえ、普通に会社説明をしても意味はない。形式ばったイベントでは、学生の素の部分が見えないからだ。そこで生まれたのが、社内のcaféスペースを活用した「IMJ UNDER BAR」だ。

社風にマッチした学生を絞り込む方法

お酒を交えたコミュニケーションで距離を短縮

お酒を交えたコミュニケーションで距離を短縮

お酒と簡単な食事を用意して夜に公開する。そこで現役社員などと気軽に団らんする場を設けることで、会社との距離を縮め、飾りのない同社の姿をみてもらう。会社側も、学生の率直な意見を聞くことで、適性を見極めていく。

「IMJの選考にはエントリーシートを用意していません。IMJを志望する学生とは全員にお会いし、1次面接からプレゼンをしてもらいます。知りたいことは、学歴や表面的な志望動機でなく、学生一人一人がどんなことを考え、なにをしてきて、これからどうしていきたいのか、なのです。人を採るというより、ともに新しい価値を創造する仲間を探す感覚です」と同社人材戦略本部人事企画部の宇野貴嗣氏は説明する。

マス型採用では、エントリーシートでふるいにかけられた学生が、面接官の前に座り、当たり障りのないやり取りに終始。互いを知らぬままに質疑となるため、どうしても学歴や経歴をよりどころに選考が進むことになる。本当にこんなスタイルで、会社にマッチした人材が採れるのか…。同社の採用フローは、そうした従来型採用へのアンチテーゼであり、挑戦でもある。

現状の採用スタイルへのアンチテーゼ

リラックスムードで行われる夜の交流会

リラックスムードで行われる夜の交流会

「前職では就活媒体にかかわっていましたが、いまの就活スタイルは人の調達にしか思えない。それでは入社後に我々の会社でやっていける人材には出会えない。選考では不採用となった学生に対してもなぜだめだったのか、辛辣なメッセージを送ることもあります。それが数ある会社の中からIMJを選び、本気で受けに来てくれた学生に対して、企業側としての礼儀だと思います。なにより、せっかくの縁で出会えたのだから、学生に少しでも何かしら、ためになるものを残したいと思うからです。」(宇野氏)。

新たなスタイルで採用した新卒は、いまのところ社内の評判はいい。それでも宇野氏は、このスタイルを定着させるつもりはないという。あくまでも、本当にマッチングした人材採用のスタイルを追求するためだ。ひとまず成功といえるスタートを切った同社の挑戦。本当の答えは、同スタイルで入社した社員が本領を発揮する数年後、ということになる。


◇教育体制
独自の新卒採用という道を選択した同社は、人材育成体制も進化させた。2013年に新設した教育推進室が、その中心となる。OJT頼みでなく、全社的に人材育成に取り組むことで、全体を俯瞰できる知識を身につけ、「単能化」を回避する。社内のスペシャリストを講師として積極的に内外でアウトプットさせることで、さらなるスキルアップも図る。人事制度も改め、職能重視かマネジメント職へ進むかの軸で分類し、キャリアデザインがしっかり描ける体制も整備した。


【会社概要】
imj-hp社名:株式会社アイ・エム・ジェイ
設立:1996年7月4日
資本金:43億1,046万円(2014年3月31日現在)
代表取締役社長 兼 CEO:櫻井 徹
従業員数:グループ従業員数 合計656名(2014年3月31日現在)
事業内容:デジタルマーケティング事業(※グループの事業内容を含む)
所在地 本社:
〒153-0042 東京都目黒区青葉台3-6-28 住友不動産青葉台タワー
クロスコミュニケーション第1事業本部 / クロスコミュニケーションUXM本部 / クロスコミュニケーション第2事業本部:
〒107-0062 東京都港区南青山5-1-10 南青山第一マンションズ オフィス棟3F
URL http://www.imjp.co.jp/

読み物コンテンツ

働き方白書について
仕事相談室について
極楽仕事術について
三者三様について
戦略的転職について
用語集について