インタビュー

心理学を応用した天職をみつけるための考え方

投稿日:2014年12月15日 / by 瓦版編集部

aque1

心理学的アプローチで到達

(株)アクエリアスナビ

マスターTAWインストラクター
沼田和子氏

転職サイトでは見つからない天職発見講座

仕事を辞めたい」、「仕事が楽しくない」…。仕事に対し、ネガティブな感情が強いと、日々が楽しくないどころが人生そのものが充実しない。入った会社が悪いのか、自分の姿勢が悪いのか。とにかく、いまの仕事がしっくりしない人は、いま一度自分を見つめ直す必要がある。心理学的視点から、思考のクセや悪習慣を修正する理論のインストラクターとして活躍する(株)アクエリアス・ナビの沼田和子氏に、天職をみつけるための考え方のヒントをうかがった。

仕事に行きたくない」、「会社を辞めたい」、「仕事がつまらない」…。こうした思いをモヤモヤと抱きながら、抜け殻のように仕事をしているビジネスパーソンはどれくらいいるのだろうか。その頭には、「転職」の2文字が浮かんでいるのかも知れない。あるいは単に愚痴っているだけかもしれない。それにしても、これでは職場での毎日が充実のしようもないだろう。

こうしたビジネスパーソンを対象に「転職サイトでは絶対見つからない天職をみつける心理学講座」を行う沼田氏。一体どうすれば、職場でのモヤモヤを晴らし、天職をみつけることができるのか。

aque3

まずしっかりと理由を聞くことから始めることが大切ですと語る沼田氏

「仕事に対してネガティブな感情がある人には、当然何か理由があるハズです。人間関係かもしれませんし、本当に仕事がつまらない場合もあるでしょう。あるいは、新たなことに挑戦したい気持ちが大きくなっているということもあるかもしれません。いずれにせよ、私どもはまず、転職も含め、なぜそうしたいのかをキチン聞くようにしています」と沼田氏。

最初に転職理由を聞くのは、その深層を探るため。〈自分はもっとスケールの大きなことがやりたい〉、といった前向きな理由もあれば、〈上司が嫌だから〉という後ろ向きな理由もある。まず、そこを明確にすることで、抜本改革への次のフェーズへと進む。

「転職したい理由が前向きであれ後ろ向きであれ、人には考え方のクセがあります。それを改善することが、より良い道へ進むうえで非常に重要になります。なぜなら、例えば常に現状に不満を感じるクセがあるとすれば、どこへ行っても同じことです。前向きであっても、クセによっては転職はしない方がいい場合もあります。クセ、とりわけ悪癖を認識し、それを改善しなければ、天職へはたどり着けないのです」と沼田氏は説明する。

適職が分かる性格心理テスト

その上で、講座では適職が分かる性格心理テストを実施する。これにより、各人のタイプを診断し、向いている職業候補をあぶり出す。一部だが、以下の5つの質問(実際には20問)に答えてみて欲しい。

(1)仕事が遅い同僚がいます。あなたはどうしますか?
a.叱咤激励して仕事をさせる
b.無視する
c.励ましながら様子を見る
d.自分の仕事を早く終わらせ、手伝う

(2)メールを出したのに返事がありません。どうしますか?
a.こちらからもう一度メールを出す
b.たいしたメールじゃないからと、もう忘れる
c.先方に何かあったんじゃないかと気になる
d.裏切られた気がする

(3)好きな動物は?
a.ライオン
b.一匹オオカミ
c.馬
d.コアラ

(4)友人が待ち合わせに連絡なく30分遅れてきました。どうしますか?
a.30分も待たない
b.あまり気にせず、本などを読みながら待ち時間を有効に使う
c.内心怒っているが、とりあえず「心配していたんだよ」という
d.「平気、平気、私もいま来たところ」と相手に気を使わせない

(5)上司に言われたい言葉は?
a.君はとても有能だね!
b.君はとても頭がいいね!
c.君はとても信頼ができるね!
d.君はとても思いやりがあるね!

〈判定〉

どうだろうか。ザックリいうと、aが多い人は、積極的で野心家。bが多い人は、冷静で知的、cが多い人は、誠実。dが多い人は、がある。それぞれ向いている職業は、「経営、営業など」、「企画、プログラム開発、取材、士業など」、「総務、人事、公務員など」、「サービス、接客、看護師など」となる。

この診断で、いまの仕事と適性があっていれば、転職理由が、仕事以外の可能性が高いかもしれない。上司とそりが合わない、あるいは待遇に不満がある、などである。逆に適性が全く合わなければ、これまで自分を偽って仕事をしてきた可能性がある。だから、心から仕事を楽しめなかったのかもしれない。

悪癖を知ることで近づく天職への道

aque4

自身も大減量に成功しているだけに悪癖を改善する手法には説得力が宿る

「悪癖が分かり、適職の見当がついてくると、天職への道はかなり明確になります。マッチしている人は、クセを直していまのまま天職とすることも可能でしょう。ミスマッチだった人も、クセを冷静に分析し、本当に新しい仕事で輝けるのかを見極め、その上でクセを直して新天地へ進めば天職に近づけるかもしれません。本質的なポイントは、その仕事をやらされているのか、自ら進んで社会のために貢献できる、などの目標を持って取り組めているか、ということです」(沼田氏)。

就職や転職にあたり、ともすれば企業名や業務内容にばかり目が行きがちになる。それももちろん大事だが、その前に自分を知る、特に自分の悪癖を知る。これが、転職を「天職」へと導くために非常に重要になる。灯台下暗し、ではないが、多くの人が案外、近すぎるがゆえに、本当に見るべき視点を間違っているのかもしれない。現状に悩むビジネスパーソンは、いま一度、自分をしっかりと見つめ直し、それから今の仕事、そして転職(天職)について考えてみてはいかがだろう。


aqua【会社概要】
会社名: 株式会社 アクエリアス・ナビ 【Aquarius Navi Co.,Ltd.】
代表取締役: 菊澤有一
本 社: 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-51-6 テラアシオス青山7F
業務内容: 各種の講座、セミナー、ワークショップ、セラピー、 個人カウンセリングとそれに関連する商品の販売。サプリメントの販売。

読み物コンテンツ

働き方白書について
仕事相談室について
極楽仕事術について
三者三様について
戦略的転職について
用語集について