インタビュー

時価総額100兆を目指す会社の考え方

投稿日:2015年2月27日 / by 瓦版編集部

zuu1-1

圧倒的なビジョンを掲げる理由

株式会社 ZUU
代表取締役社長兼CEO
冨田和成氏

「時価総額100兆円を2038年までに達成する」――。経営者がこんなビジョンをぶち上げたらどう思うだろうか。「なにをバカなことを…」あるいは「素晴らしい。みなで一丸となって絶対に実現しよう」となるのか…。とにかく想像もできない。なにせ誰も達成したことがない領域だからだ。とてつもない数字とともに会社の目標を打ち出し、その実現へ驀進する金融領域のインターネット化を手がけるZUU。強烈なリーダーシップで、アクセルを全開にする冨田和成代表に、その狙いと野望を直撃した。

なぜ100兆円を目指すのか

会社が掲げるビジョンはたいていイメージのいいものだ。「世の中を良くしよう」、「悩みのない世界をつくろう」…など。どれも決して悪くはない。つい引き寄せられる目標ではある。だが、「100兆円を目指す」のインパクトの前では一気にかすんでしまう。

「ビジョンを考えるときにできるだけシンプルで分かりやすいことが重要と考えました。10人の会社なら、抽象的なビジョンでも伝わるかもしれません。しかし、100人、1000人となってきたとき、捉え方がその人数分だけでてくる。それでは混乱するばかりで、一緒になって目標に向かってはいけません。だから、誰が見ても明確な目標にしたかった。結果、これになったのです」と冨田代表は明かす。

前人未到の数字の根拠とは

100兆を目指す男の頭は、常に高速で回り続けている

100兆を目指す男の頭は、常に高速で回り続けている

あのアップル創業者のスティーブ・ジョブズでさえ時価総額80兆企業。それをはるかに上回る、時価総額100兆円。まさに前人未到だ。なぜ、そこまでの大風呂敷を広げるのか。根拠はあるのか…。

「我々が目指しているのは、金融の非効率をなくし、誰もが自由に金融知識を得られるプラットフォームの構築。そうすることで単純に手数料収入分の20兆円~30兆円が動く。これは日本の話で、アメリカならその3倍~5倍のマーケット。荒唐無稽にみえても具体的にそうした数字がみえてくるんです。もちろん前人未到ですし、期限は2038年とまだ20年以上ある。そこへ到達するノウハウだってあるワケじゃない。だからこそ、迷った時の道しるべとして、『100兆円』を掲げている。そうするとぶれないんです」と冨田代表は力強く言う。

バリバリの金融マンを経て起業したワケ

起業するまでは、金融マンとしてバリバリと最前線で活躍してきた冨田代表。その当時、圧倒的な結果を残す一方で、金融業界のビジネスモデルに放っておけない課題が山積していることを感じていた。正確にいえば、業界が儲けるためにあえて非効率化が温存されている。そこを問題視した冨田代表は、その非効率の解体と、金融リテラシーの底上げの必要性を実感。金融マンとしてのキャリアと決別するや動いた。

「金融業界と個人投資家の間には情報の非対称がある。金融マンの知識と個人投資家の無知です。その差を解消することが私の最初のミッション。それにより、誰もが金融リテラシーを高められる土壌をつくる。その上に専門家へのマッチングという仕組みを乗せ、さらに金融業界と個人投資家を結ぶ。そして、それを世界にも広げていく。それによって100兆円という数字が見えてくる。壮大ではありますが、そうした流れは明確なんです」と冨田代表は、ZUU設立の狙いと100兆円への青写真を披露する。

社会的価値が付加するから実現する100兆という数字

zuu03ポイントとなるのは、 ただ100兆円という数字を目指すわけでない点だ。個人の金融リテラシーを徹底して高めることは、金融業界のあざとい儲け方にメスを入れることであり、健全な金回りを実現すること。それはつまり、社会に貢献することにつながる。そこには、100兆円に相当する価値があるということだ。だからこそ冨田代表は「単に売り上げだけを目指すなら10億〜100億でもいいかもしれません。しかし、価値の提供を見失い、売上を追うだけでは 疲弊して終わるだけだし、それが精いっぱい。それだけの社会的価値を与えたからこそ100兆という数字になるんです」と力を込める。

「100兆円」という数字をしっかりと実体として捉えながら、野望達成に突き進む冨田代表。もちろん、さすがに普通に頑張る程度では到達できないことは分かっている。インタビュー後編では、100兆円を目指す働き方にフォーカスし、ZUUの実体に肉薄する――。(後編へ続く)


【会社概要】
社名:株式会社ZUU(英語名 ZUU Co.,Ltd.)
所在地: 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2−23-14 道玄坂225ビル6F
事業内容:・インターネットを通じた資産アドバイザー支援事業
・エグゼクティブ層向け金融ポータルメディア運営
・エグゼクティブ層と資産アドバイザーのプラットフォーム運営
代表者: 代表取締役社長兼CEO 冨田 和成
設立: 2013年4月2日
資本金: 1.2億円(資本準備金含む)(2014年8月時点)
従業員数:30名 (パート・アルバイト・インターン含む)
企業理念:世界中の誰もが、平等に学べ、平等に競争可能で、全力で、夢に挑戦できる世界を創る。

読み物コンテンツ

働き方白書について
仕事相談室について
極楽仕事術について
三者三様について
戦略的転職について
用語集について