働き方

30年後も「残業」は存在するのか…

投稿日:2016年9月15日 / by 瓦版編集部

お毒 今日からお店はよる10時まで。無駄な業務は徹底排除して、残業ゼロを目指すわよ。

毒舌家猫田先生 そもそもスナックに残業の概念が存在するのかよ。客が来ないからって、破れかぶれになってんじゃねぇのか。

お毒 時間内に仕事を終える。それがプロ。改めてプロとして、気持ちを締め直すだけざます!

編集部ニシ 説得力ゼロですね。ただ、最近は、残業に上限を設けるといった話があちこちで上がってますね。東京都の小池知事も仕事は夜8時まで、と号令を発したそうですが、トップが残業撲滅に乗り出すのは実現性を高める上では悪いことではないでしょう。

へん0

お毒 アタシが思うに、残業って、残尿感なのよね。もうちょっと出そう、でも出ない。それで無駄な時間を費やしちゃうみたいな。もう出ない、と思えば出ないのよ、結局。

編集部ニシ 確かにそれは言えてるかもしれませんね。私も仕事終わりに予定がある時は仕事が捗って、残業なしでいけますからね。毎日そう思って、業務に臨めば、残業なんてなくなるハズなんですよね。

猫田先生 瓦版の調査でも仕事の無駄の一位は残業だっただろ。つまり、やんなくてもいいのに残業してるんだよ、多くの人は。まさに残尿感なんだよ。

編集部ニシ 例えがジジ臭過ぎます。取材した企業では、経営トップが残業削減に深くコミットし、申請制にしているのですが、ほとんど通らない。「必要なし」ってことです。そういうことを繰り返していると、従業員も時間管理を真剣に考えるようになる。結果的に残業がなくなっていくんです。

お毒 アタシなんかは、そもそも就業時間自体を申告制にすればいいと思うんだけど…。「俺は4時間」、「私は3時間」みたいに。もちろん、その日何をやるかはしっかり事前に公開するのよ。8時間も人間、集中が続かないでしょ。
nekodaBup
猫田先生 人間が一日に集中できるのは3時間ともいわれてるよな。ってことは、就労時間の半分も集中できてねぇことだ。さらに残業なんてことになったらもう、ダラダラ仕事としか言えねぇよな。

編集部ニシ それこそ、月5日しか働かないという働き方の人もいます。それも正社員扱いですよ。収入もフルタイム並みに稼いでいる。8時間労働という概念を取り払えば、いろいろな可能性が広がることは確かでしょうね。

猫田先生 残業代を残業時間が短いほど高くしている企業もあるからな。その内、日本から残業がなくなるかもな。

編集部ニシ 30年先じゃないですか。その頃には人工知能も職場に侵食し、人間は最低限の事務作業とクリエイティブな仕事を、時間の概念とは関係なく行う。10分で終わる日もあれば、10時間かかる場合もある。そんな世の中になってるでしょうね。

読み物コンテンツ

働き方白書について
仕事相談室について
極楽仕事術について
三者三様について
戦略的転職について
用語集について