職業

図書編集者

投稿日:2015年1月26日 / by 瓦版編集部

概要

1冊の本の企画、編集、発行まで携わる。まず、どのような図書を作るか企画を出す。企画が決定すると、著者に依頼をする。著者から得た原稿を読み校正した後、デザインを決定し、原稿を印刷する。
近年、電子出版などの媒体の変化によって、出版部数は減少している。それにより今後、編集者の仕事に変化をもたらすことが予想される。

その職業に就くために

幅広い知識が求められるため、各出版社は大卒者の採用が多い。その他、専門学校の編集デザインコースで技術を身につけて就職する場合もある。就職先には、出版社や新聞社の出版局、編集プロダクションがあげられる。編集の経験を積み、コネクションやパイプを作った後、フリーランスとして活動する人もいる。

年収

665万円

適性

編集者の仕事は、著者の都合によって大きく変動する。特に締め切り前には、徹夜することが多々あり、体力が求められる。また、繋がりのない人気の高い作家や学者に承諾をとることは難しいため、コネクションを作っておくことが必要だ。そのため、交渉力や高いコミュニケーション能力があるとよい。さらに、読者のニーズに答える本を作るために、社会への出来事に対して敏感であることが大切。

読み物コンテンツ

働き方白書について
仕事相談室について
極楽仕事術について
三者三様について
戦略的転職について
用語集について