職業

料理研究家

投稿日:2015年1月26日 / by 瓦版編集部

概要

新しい料理のメニューの開発、料理のアドバイス、料理学校・料理教室での先生、料理雑誌・料理本の執筆、テレビの料理番組への出演など幅広く活動している。日本料理、フレンチ、イタリアン、中国料理などの分野があり、さらに伝統料理、家庭料理、郷土料理に分類されている。その中で、料理研究家は自分の得意分野を持って取り組む人が多い。

その職業に就くために

料理研究家になるための養成施設や教育機関は設けられていないため、資格・免許は必要ない。しかしその一方で、栄養士や調理師などの資格を持つ料理研究家もいる。料理研究家と名乗るためには、ある程度の食に関する知識と、自分の料理研究の成果を周囲に認められる機会を作ることが必要だ。基本的にフリーの職業であるため、収入は仕事量と著名度によって異なる。また、副業として料理研究家になることもあり、働き方は様々だ。

年収

200~400万円
有名になれば、1000万円超えることもあり。

適性

テレビに出演する際には、状況に応じて適切に判断するタレント性が求められる。また、人に調理方法教えたり、アドバイスをする場合には、コミュニケーション能力があることはもちろん、わかりやすく解説する話し上手であるとよいだろう。

読み物コンテンツ

働き方白書について
仕事相談室について
極楽仕事術について
三者三様について
戦略的転職について
用語集について