職業

消費財メーカーとラウンダー業務の専門スキル人材のマッチング実現する新サービス

投稿日:2013年3月28日 / by 瓦版編集部

営業課題解決サービスを提供するソフトブレーン(株)(本社:東京都中央区、代表取締役社長:豊田 浩文)のグループ会社であるソフトブレーン・フィールド(株)(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:木名瀬 博)は、消費財メーカーとラウンダー業務の専門スキルを持った人材のマッチングを実現するための『ラウンダー人材バンク』サービスを開始した。

同サービスは、特殊なスキルを必要とするラウンダー職の転職を登録制で仲介し、マッチングを行うもの。消費財メーカーの退職スタッフなども受け入れ、業務内容や人材要件にあわせ、的確にマッチングうすることでミスマッチを最小限とする。紹介は完全成果報酬型。

ラウンダー人材バンク

消費財メーカーのフィールド(店頭)活動は大きく分けて自社雇用(正社員・契約社員・派遣社員等)で行う場合と、外部リソースを活用する場合の2つのタイプに分類される。同社は創業以来「フィールドマーケティング」という概念のもと、後者のタイプの企業を中心に、業務を請け負い、定期フィールド活動や、スポットフィールド活動、店頭調査を主なビジネス領域とし、約120カテゴリ・350社を超える企業へサービス導入を行ってきた。

その一方、自社雇用でフィールド活動を行っている消費財メーカーからも、ラウンダーの人材採用支援や、有期雇用で退職したスタッフの再就職支援等、多くの顕在化した課題の相談を受けていた。

「消費財メーカーのフィールド活動を行うラウンダー人材は、流通業と消費財メーカー双方の知識を必要とするため、特殊な専門スキルを必要とする職種となる。そのため、採用時のミスマッチは、企業側にとっては戦力化までの時間と手間を浪費し、一方でラウンダーにとっては早期退職の原因になります。このサービスは、我々がこれまでに培ってきたフィールド活動の専門的な知見を活かし、消費財メーカーの業務内容と人材要件をより深く把握し、それを満たした人材のマッチングを行います」と同社ではサービス開始の経緯を説明する。

読み物コンテンツ

働き方白書について
仕事相談室について
極楽仕事術について
三者三様について
戦略的転職について
用語集について