働き方

拭きもできるロボット掃除機の実力

投稿日:2014年9月12日 / by 瓦版編集部
ロボット掃除機

拭きにも対応するクレモン

ロボット掃除機の購入を検討する営業マンKが、悩み抜いている。本命はルンバだが、シャープのココロボも評価が高く、東芝・トルネオロボも捨てがたい。そこへきて、いまKはモニュエルジャパンの「クレモン」に心が揺れている。

同製品は、大きな特長は、掃いて、吸って、そして「拭く」こともしてくれるのだ。花粉アレルギーのKは、掃除機をかけた後、仕上げにモップがけをしている。この手間をクレモンは、一気にこなしてくれる。そこを着地点に開発されたとあって、完成度は高く、一気に有力候補へ浮上している。

ところが、ここへきて、思わぬ情報が入ってきた。あのダイソンが、来春にもロボット掃除機に参入するというのだ。10万を超す価格ともいわれるが、吸引力はおそらくダントツにすごいハズである。クレモンが6万円近いことを考えると、4万の差なら、という気もしている。

独身できれい好きのKにとっては、掃除は重要なタスク。だからこそ入念に時間をかけるが、その時間を仕事に回せれば、営業成績のアップも望めるはず。だからこそ、金額ではなく、性能には敏感になる。

休日の掃除にこれまで何時間時間を費やしただろうか…。そんなことを考えながら、Kは、ロボット掃除機の購入を来年まで持ち越すことを決めた。製品の税抜の価格は、5万9,800円。

読み物コンテンツ

働き方白書について
仕事相談室について
極楽仕事術について
三者三様について
戦略的転職について
用語集について