働き方

10年後、20年後のサラ川を詠んでみたら…

投稿日:2016年2月18日 / by 瓦版編集部

お毒 参ったわ。マイナス金利ってなんなのさ。それに便乗して「マイナス“ツケ”」だ、ってカネを払わずにアタシからお金をむしり取ろうとしたバカがいるんだから、信じられないわよ。
毒舌家
猫田先生 洒落にもなってない無茶苦茶な話だな。でも、ホントに実現すりゃ、ツケにするほど金回りが良くなるから客は増えそうだけどな。金融政策で、銀行が金を貸さざる得ない状況にして、企業の金回りをよくして景気浮揚をもくろむのと同じ理屈が成り立つわけだな。

お毒 バカ言いなさんな。銀行みたいに金が余ってるなら成り立つでしょうけど、アタシみたいに赤字のところにとっちゃ、マイナスがマイナスの連鎖を生んで即刻倒産よ。

編集部ニシ <マイナスの 金利が増やす タンス預金> 預金の利息はマイナスにならないそうですが、手数料等をふくめれば実質マイナスでしょ。となると、とっとと引きだして、タンス預金が増えるんじゃないですかね。さらに海外へ資金移動する人も増えるかも。いやいや、また第一生命のサラリーマン川柳の季節になったので、ちょっと一句謳ってみました。

へん0

猫田先生 もうそんな時期か。<サラ川が 映し出したる 世相かな>。 毎年サラリーマンの悲哀がにじむ句が多くて、世相が分かるってもんだよ。

編集部ニシ ちょっと今回の100選からいくつか見てみましょう。これなんか、世相を映した象徴的なものかもしれません。「『出来ません!!』 言えるアナタは 勝ち組です」。景気の先行きが不透明でリストラも相変わらずの状況ですから、「ノー」と言おうものなら、いつ首を宣告されるか分かりません。無能な負け組サラリーマンを見事に謳ってますよね。

猫田先生 そこへ持ってきて、こんな上司も多いんだよな。「どっちだよ 上司の意見 両極端」とか「課長また アレアレ詐欺の ような指示」みたいな無能上司。こんな上司に「出来ません!!」、「分かりません!」が言えねぇんだから、ストレス許容量なんていくらあっても足りネェだろうよ。
nekodaBup
編集部ニシ ホントに気の毒です。組織変革についてのこんな句もあります。「効率化 兼務が増える 組織表」。効率化したのに忙しくなるという矛盾。ホントに日本の会社はギャグ漫画の様な事実がホントにウジャウジャありますからね。働き方変革の実現なんて、何年先になるか分からないですよ。

お毒 アタシ、10年後のサラ川思い浮かんだわ。<ロボットの 社員が増えて 在宅無職>。いいんじゃない?

編集部ニシ なんだか生々しすぎませんか? 現実味たっぷりですね。

猫田先生 ワシも20年後の一句を。<要介護 現役社員の 話です>。

編集部ニシ 輪をかけて生々しい…。なんだか明るい未来が全然見えてこないですね。

お毒 じゃ、これはどうかしら。<テレワーク 職場は火星 十番地>。

編集部ニシ そこまでして働く必要ないでしょ…。

過去の三者三様

 

 

読み物コンテンツ

働き方白書について
仕事相談室について
極楽仕事術について
三者三様について
戦略的転職について
用語集について