インタビュー

働く女性が幸せになる心構え

投稿日:2013年11月14日 / by 瓦版編集部

日本活育協会理事長 ヨガマイスター 木下由梨氏 インタビュー

ヨガマイスター・木下氏~働く女性の本当の幸せとは~

女性の活用が叫ばれ、管理職を増やす動きも活発になりつつある日本。その一方で、晩婚、“晩産”が進行している。妊娠希望の女性を高い確率で妊娠に導くヨガメソッドとして関西で絶大な支持を受ける、ヨガマイスターの木下由梨氏。2013年6月に、関東進出を果たした氏は、こうした状況に危機感を覚え、熱く、それでいて穏やかに問いかける。「皆さん、本当に自分自身の心と向き合っていますか?」–。


働く女性の増加と反比例する幸福度

女性管理職増、育メン、高齢出産…。女性の社会進出が増えている。女性の男性化が叫ばれるほど、目覚しい活躍をする女性も珍しくなくなりつつある。その結果、女性には人生における多くの選択肢ができた。喜ばしい状況ともいえるが、比例して幸せな女性が増えているのかといえば、必ずしもそうではない…。

「皆さん、本当に自分自身の心と向き合っていますか?。周りに流されていませんか?。本当にやりたいことを考えてみてください。難しいけど自分の頭で考えないと。自分と向き合えば、人生の質が変わっていくのが分かるはずです」と木下氏は、迷える女性ワーカーに熱くメッセージを送る。

企業の戦力として上を目指せば、最適な婚期を逃す。妊娠のタイミングも遅れる。遅すぎれば取り返しの付かないことにもなりかねない。それで本当に幸せなのか。それとも、それは本当に不幸なのか…。そうしたことは、社会のムードに流されていてはみえづらくなる。だからこそ、木下氏は自分の内側と向き合うことを推奨する。

 女性が幸せになるための考え方とは

「私はヨガの生徒さんに最初に『あなたの幸せは何?』と聞きます。子供がいなくても幸せな人だっているし、一生仕事をして生きていく女性がいたっていい。私は仕事が大好きで、出産と子育ての時期は仕事も一番楽しい時期でした。子育てのせいで自分の力が出し切れてないと思ったこともありました。そういう葛藤を乗り越えるためには、自分の覚悟はもちろん必要だけど、夫の協力も絶対不可欠」と木下氏は自身の経験も踏まえ、アドバイスを送る。

ウミヨガ

関東上陸を果たしたウミヨガ

関東上陸を果たし実感したカルチャーショック

関東方面でも支持者が増える中で、2013年6月、子宝が授かりやすいと絶大な支持を集める「ウミヨガ」を引っさげ、東京進出を果たした木下氏。「わざわざ関東方面から来てくださる人が増えてきたので、それなら私の方が、関東に出て行けば皆さんが受講しやすくなる」との判断で関東進出を決めた。

教室に集まった生徒の年齢層に木下氏はカルチャーショックを受ける。東京の生徒は、30歳後半から40歳過ぎがメイン。20代後半から30代が多い関西とは10歳近い差があったのだ。

「自宅派が少ない等の地理的な状況があるとはいえ、東京の生徒さんの年齢の高さには驚きました。関西では30代までくらいがほとんどでしたから。30代での出産が増えてはいますが、妊娠能力のピークは20代前半。当然ですが、遅くなるほど難しくなります。知識が不十分のまま、仕事に没頭していたらあっという間に30代、40代ということになってしまいます」と木下氏は目の当たりにした女性の晩婚・晩産化に危機感を覚えつつ、使命感に火がつき、気を引き締めたという。

ウミヨガはなぜ高い妊娠率を誇るのか

こうした状況に国もアクションを起こし、婚活や妊活を後押しする動きもでているものの、上滑り感は否めない。制度や仕組みで盛り上げようとしても、実態に即していなければ実を結ぶわけがないからだ。女性管理職を増やすことと、婚活・妊活の促進は明らかに矛盾している。「ウミヨガ」は、ヨガを通し、女性としての生き方や考え方まで教える。単なるポージングだけにとどまらないことが、驚異的ともいえる高い妊娠率に繋がっている。

「いまの少子高齢化は国の施策の失敗。手当てとか助成金とかじゃ、子供は増えません。現実を全く反映してないですね。働く女性の現実も全然分かっていない。ウミヨガでは、ポージングはもちろん、生き方や考え方、パートナーの愛し方も教えます。だから、プログラムには一度は必ずご夫婦でも参加いただきます。そこまでやって初めて、結果につなるわけです」と木下氏は、関西で絶大な支持を誇る「ウミヨガ」のポリシーを説明する。

女性が社会で必要とされる時代に必要なこと

幼少期から女としてハミ出したことはいけない、と古風に育てられてきたという木下氏。そんな氏にとって、選択肢の多いいまの世の中は、うらやましいほどの状況ではある。しかし、本当にやりたいことをみつけることが難しい状況でもあると映っている。

離婚やがん、家族の大病など、木下氏は様々な経験を積み重ね、本当の自分らしさにたどり着いた。だからこそ、その経験を還元し「女性がみんな幸せに生きられる社会にすることが私の使命」と力強く言い切る。

当たり前のように充満する女性の社会進出というムード。乗ればいいところまでいけるのかもしれないが、その前に一歩引いて、自分と向き合う必要がある。そうやって初めて、女性としての本当の幸せに近づける。仕事や時間に流されがちになる働く女性にとっていま、最も必要なことが、そこにある。


umiyoga3<プロフィール>
1973年ヨガを始める。ヨガの基本を習得し実践を行う中、インドにも渡り複数のグルに師事。また、整体・ピラティス・鍼灸・食養など、東洋医学~代替医療に必要な分野を学びそれらを生かした総合的な指導を行う。約40年にわたり5000人もの体質改善を行い、特に妊娠希望の女性の高い妊娠率や歩行困難な高齢者が歩けるようになるなど効果の高い実践的指導に定評がある。また、各種学校、自治体、経営者クラブなどで年間100本以上の講演を実施し精力的な活動を行っている。カウンセラー認定資格者。ユリワークアウト主宰、日本活育協会理事長。


umiyoga4【ウミヨガ】
心身の緊張を解き放ち、命を刻む心拍や呼吸の流れに身を任せて自らと肯定的に向き合い、生きる力や新しい命を生み出すカラダと心を育む新しいヨガのスタイル。ウミには、「海」、「熟み」、「生み」、「産み」の4つの意味が込められている。関東のスクールは東京・世田谷にあるモダンな日本家屋。いるだけで心がなごむ。赤ちゃんを希望する女性のための体験レッスンも行っている。
ウミヨガHP http://umiyoga.com/

読み物コンテンツ

働き方白書について
仕事相談室について
極楽仕事術について
三者三様について
戦略的転職について
用語集について