働き方

テレビを見ている暇はない?

投稿日:2013年8月21日 / by 瓦版編集部
テレビを見ない理由とは(平城氏撮影)

テレビを見ている暇はない?(平城氏撮影)

なぜニュースをみないのか

私は、現在新聞やテレビといったメディアを、一切見ません。インターネット上のニュースすら、見ません。かなり『異質』に感じるかもしれませんが、自分のやるべきことの優先順位を徹底的に吟味した結果、今の優先事項は、以下の3つ。

◎海外ノマドの魅力を伝えること
◎多くの方が海外に出るハードルを下げるための、
『既存ビジネスをノマド化する方法』を伝ること
◎エンジニアの方が独立してうまくやっていく方法を伝えること

つまり、『情報発信』です。

人は、インプットとアウトプットは同時にはできません。ニュースを聞きながらブログやメルマガの文章は書けません。今はより多くの方に伝えたいことが沢山ありすぎて、文章を書いても書いても書き足りない、という感じなので、徹底的にインプットを止めているのです。

唯一、インプットを検討している偉人

でも、下記の情報だけは読んでみようと思います。

昔私が『起業オタク』だった20代前半の時に、彼の自叙伝を読んで大きく感銘を受けました。

イギリスのバージン・ミュージック、バージン・アトランティック航空ほか、300社以上のグループ企業を創り上げた『リチャード・ブランソン』です。私が『起業オタク』時代に尊敬していた偉人は他にもいましたが、彼の魅力は、『資産の絶対額を追うのではなく、自分のやりたいことをやっている』という点でした。

従って、フォーブスの世界長者番付においても、それほど上位に来ることはありませんでした。しかし、挑戦的で、人間味溢れる生き方に凄く共感を持っていました。

ところが、その人生はあまりにも破天荒で、当時の私にはとてもマネができないと思っていました。

私も独立起業して既に7年が過ぎようとしています。今の自分なら、彼からのメッセージがより吸収できるような気がしています。

【リチャード・ブランソン】17歳で高校を退学。20歳でヴァージンレコード設立。起業家であり冒険家でもあり、ボートレース、航空ビジネスなど、さまざまなチャレンジを行う。「とにかくやってみる」を実践する破天荒な経営者。

<毎週水曜日更新>

連載:グローバルに自由に稼ぐ働き方の実現法


海外ノマドマスター・平城寿【プロフィール】平城 寿 Hirajo Hisashi
1976年宮崎県生まれ。九州大学工学部卒(1999年)。もともとITエンジニアで、2004年にSOHO事業者向けビジネスマッチングサイト「@SOHO」を1人で立ち上げ、4年で日本国内No.1の会員規模にまで育て上げる。その後インターネットの可能性に魅了され、自らネットを活用した「場所や時間にとらわれないワークスタイル」を実践。2011年より海外に拠点を移し、アジアを中心に毎月5都市以上を訪問。『海外ノマドスタイル』を確立して、その魅力を発信している。

平城寿公式ブログ:http://hirajo.com/
平城寿Facebook:http://www.facebook.com/hisashi.hirajo
@SOHO:http://www.atsoho.com

読み物コンテンツ

働き方白書について
仕事相談室について
極楽仕事術について
三者三様について
戦略的転職について
用語集について