働き方

悪いのは家具屋姫か家具親父か…

投稿日:2015年2月26日 / by 瓦版編集部

お毒 骨肉の争いって、なんでいつも泥沼なのかしらね。かわいさ余って憎さ百倍ってことなのかしら…。

猫田先生 O塚家具のお家騒動だな。父娘が完全に対立して、会社が分裂状態だもんな。どっちがいいかはともかく、上場会社なんだから、いい加減にしねぇと、それこそ株価暴落、顧客激減になっちまうぞ。

毒舌家

編集部ニシ 私は昔、客として同社のショールームに足を運び、広いスペースを店員と巡り歩いたものです。当時は入り口で個人情報を書かされて、なんだかいやでしたが、そのやり方はみんなそう感じていたのか、だんだん目に見えて客離れが進んでいたことは確かですね。娘社長の経営方針はそれに危機を感じて、カジュアルで入りやすさを打ち出してるんで、いまの時代にはあってるとは思いますけどね。

へん0お毒 アタシは専らIKEAだけど、まぁ、好き好きだとは思うわね。とにかくニトリだって元気なんだし、父娘でもめてる場合じゃないことは確かじゃないのかしら。

猫田先生 プロレスなら確実に分裂して対抗戦だな。新O塚家具VS真O塚家具だ。会場は有明ショールーム。ストリートファイトデスマッチで展示品を凶器として使い放題でどうだ。

ニシ またプロレスに転化ですか…。確かに見たいですけどね。ま、実際に分裂となれば、社員にとってはいばらの道となることは確実ですね。なにせイメージが悪いですから。ゼロからの再スタートみたいなものですよ。いまの時点では経営方針追随派と人物追随派に分かれている感じですね。こういう時に、社員は自分の働き方のスタンスが嫌でも分かっちゃうんじゃないですか。

猫田先生 プロフェッショナルな社員ならしっかりと時世と見極めながら経営方針として正しい方についていくだろうな。場合によっちゃ、トップにそうした進言をしてズレを修正したっていいだろう。なまっちょろい社員なら、何も考えず“怖い方”についていっちゃって、結局、路頭に迷うんだろうな。

nekodaBupお毒 まだ分裂すると決まったわけじゃないけどね。アタシならそんな会社、どっちかじゃなく、とっとと辞めちゃうかも。

猫田先生 一番賢明かもしれんな。そもそも、元凶は経営不振にあるワケだから、父娘どっちにも引っ込んでもらって、それこそ第三者のプロ経営者を雇い、とりあえず文句のない事業計画に基づいてやり直すのが一番だろ。親族はとりあえず退場。それがベターじゃねぇのかな。

ニシ いま働き方が新しいカタチへとシフトしつつあるでしょ。どんなことでもそうですが、こうした時代の過渡期には必ず大きな抵抗勢力が出てきます。今回のO塚家具騒動では、好調だった時のビジネスモデルが“抵抗勢力”。「あの時成功したんだからいまもいける」。そうした成功体験を引きづることが、企業にとってはたいてい致命傷になります。進むべき新たな一歩を踏み留めてしまうんですね。大事なことは、なぜ成功したのかを再検証すること。そして、それが本当にいまの時代にフィットするのかということをしっかりと分析をすることです。その上で、「いける」というなら、仕方ないですが、環境に適応できなければ滅びてしまうのは、生物だけでなく、企業も同じだと思いますよ。

読み物コンテンツ

働き方白書について
仕事相談室について
極楽仕事術について
三者三様について
戦略的転職について
用語集について