働き方

人間関係トラブルの元はアレの不足

投稿日:2015年4月27日 / by 瓦版編集部
日本法規情報調べ(http://www.nlinfo.co.jp/)

日本法規情報調べ(http://www.nlinfo.co.jp/)

営業nは、上司のパワハラに悩んでいる。営業成績は特に悪いわけではないが、理不尽な追い込みをかけたり、挨拶しても無視されるなど、人格否定するような言動を続けられている。何度も反論しようとのど元まで出かかったが、寸前でグイと飲み込んでいる。それでもストレスは爆発寸前で、精神は不安定だ。

日本法規情報(株)が実施した、職場トラブルに関する意識調査では、「何らかの職場トラブルに遭ったことがある」という割合は63%に及ぶ。約3人に2人が職場トラブルに悩んでいる計算だ。具体的には、最も多いのが「上司との関係」で21%、次いで部下との関係が16%、残業代の不払いが14%と続く。

実際の事例では、「飲み会の参加を3回断ったら無視されるようになった」、「部下に遅刻を注意しても減らず、厳しく言ったら会社に来なくなった」など。ありがちなトラブルだが、突き詰めれば、コミュニケーション不全が根っこにありそうだ。普段から、上司や同僚としっかりとコミュニケーションをとっていれば、邪推も起こらず、言葉の意味を正確に受け取ってもらえるはずだ。

振り返れば、nも確かに上司とはあまり会話をしない。好き嫌いの問題ではないが、なんとなく機会がないという感じだ。さすがに上司からは声をかけずらいかもしれない。だから、nはとりあえず、積極的に声をかけるようにすることを決めた。それで嫌がられるようなら、その時はもうしょうがない。人には相性というものがあるワケだから…。

 

読み物コンテンツ

働き方白書について
仕事相談室について
極楽仕事術について
三者三様について
戦略的転職について
用語集について