働き方

時給3,000円超の高報酬求人

投稿日:2013年4月23日 / by 瓦版編集部

おっちょこちょい伝衛門 いい仕事を見つけやした、お毒ネェさん。なんと月給90万円!。応募資格は年齢・学歴、そして性別も不問でやんす。

お毒 なによ、オネェでも大丈夫ってこと? 別にアタシ仕事に困ってるわけじゃないわよ。でも、月給90万円ってことは、仮に1日10時間働くとしても時給3,000円。景気の悪い店で働くよりいいかもね。悪くないわネェ。なんか変なお仕事じゃないでしょうね。

伝衛門 大丈夫です。募集しているのは宮崎県の日南市産業経済部商工観光課。やることは、中心市街地の活性化です。

お毒 まともじゃないの。でも、地域活性化って、生半可じゃできるもんじゃないわよ。募集は1人だけなんでしょ。1日10時間どころじゃ、時間は足りないわね。まぁ、アタシならまず、キャラクターを設定するわね。「ゴージャス日南」ってオネェキャラ。ゆるキャラじゃなくてキツキャラよ。とにかく毒を吐きまくるの。もうゆるキャラの時代は終わりよ。手はじめに、熊本のくまモンをピンクに塗りつぶして“桃モン”にしてやろうかしらね。あとは、商店街の店舗一軒に1人の割合で、アタシのオネェ友達を派遣したいわね。オネェは接客がピカ一だから、売り上げは間違いなくアップよ。それから……

猫田先生 書類審査で落選だな。この日南市のようにいま、地方は瀕死の状態のところが多い。とにかく、人口が減っている、高齢化しているってのが共通する問題。日南市の商店街シャッター通り化しててももはや末期的な状態。観光資源はあるんだが、いかんせん、中心街がよどんでいる。日南市では応募資格のひとつに「まちづくりに対し専門的知見と情熱を有しており、活性化に向けた事業を推し進める実行力のある人」としているが、そんな型にはまったものじゃない方がいいかもしれないな。オネェは問題外だがな。

毒舌家

お毒 じゃぁ、商店街の命名権を販売するのはどうかしら。協賛企業にはLCCや旅行業者、メーカーを募って、そこに人を集め、売るものを落とすの。観光資源はあるんだから、あとはショッピングとエンターテイメント。商店街をその拠点にするのよ。

物知り

猫田先生 オネェ活用よりは数段いいが、命名権はある程度の露出が見込まれる施設じゃないとあまり価値はないぞ。最初は話題になってもちょっと厳しいな。ただ、とにかく人を呼び込むことは非常に重要。人がいなきゃ、活性化は絶対にない。ワシは島根県の海士町を視察したことがあるが、あそこは、日本一町長の給与が安くて有名なほど財政状況が厳しかった。問題は同じく高齢化と人口減。そこで町長を筆頭にUターン、Iターンなどを積極的に進め、やれることには何でもトライして、外部の人材を取り入れることに注力。いまじゃ、かなり活性化しつつある。すでに地域格差はほとんどないネット環境を有効活用し、IT企業なんかを都心から誘致するのもいいかもしれねぇな。多少の工夫は必要だろうが、おそらく業務にはそれほど支障はでねぇはずだぞ。

伝衛門 なんだかんだいってお二人さん、この募集に興味津々じゃないんですか、ったく。一応、締め切りは、5月10日(金)必着。言い忘れてましたが、契約期間は平成25年7月1日~平成29年3月31日の3年8か月。日南市に居住することが条件です。

お毒 アンタ、一番大事なこと言い忘れてんじゃないの。アタシはダメね。愛猫のおソマリを東京から離すのは無理。でも「どげんかせんといかん」のよね。顔だけなら東国原に似たオネェがいるんだけど、ダメかしらね。ま、知恵も必要だろうけど、このお仕事、体力の方がもっと必要な感じがするから、若い人が積極的に応募したらいいんじゃないかしら。就職も厳しい状況ってことだしね…。とってもいい経験になると思うわ。なんだったら月給45万にして、2人でもいいじゃない。

読み物コンテンツ

働き方白書について
仕事相談室について
極楽仕事術について
三者三様について
戦略的転職について
用語集について