働き方

出産後離職する女性社員の驚きの理由が発覚

投稿日:2015年9月10日 / by 瓦版編集部

結婚・出産を経て働き続けたくない理由

[未婚女性] 今後、自身が結婚や出産を経ても、現在の職場で働き続けたいと思いますか?

[未婚女性] 今後、自身が結婚や出産を経ても、現在の職場で働き続けたいと思いますか?

ディップ(株)(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼CEO:冨田英揮)は、はたらこねっと(http://www.hatarako.net/)の未婚ユーザー400名と、(株)STRIDE(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 石田裕子)が運営するWoman&Crowd(https://womancrowd.jp/)の既婚ユーザー400名(計800名)の女性を対象に、「女性が本当に働きやすい職場」に関する調査を合同で実施。その結果を公開した。

未婚女性を対象とした「今後、自身が結婚や出産を経ても、現在の職場で働き続けたいと思いますか?」という質問に、32%が「思う」、68%が「思わない」と回答した。「思う」と回答した理由は、「今の仕事が好きで、そのまま続けたいから」、「社内の人たちの理解・サポート体制があるから」が共に30%で最も多い結果となった。

一方、多数を占めた「思わない」と回答した人の理由は、「今の仕事自体を辞めたいと思っていたから」が28%と最も多く、続いて「給与など今の会社の条件がよくないから」が25%となった。会社そのものやその待遇に根本的な不満を抱いていることが、最多というのは驚きだ。「社内の人たちの理解・サポート体制がないから」、「働くママ・パパへのサポート制度が整っていないから」は共に13%に留まったものの、むしろ企業側にとっては深刻な結果といえるだろう。

制度導入も機能しなければほぼ無意味

woman02

[未婚女性] 「思わない」を選んだ方に伺います。それはなぜですか? 最も当てはまるものをお答えください。

では、既婚女性はどうなのだろうか。「結婚や出産を機に、退職や転職を経験しましたか?」という質問に対しては、77%が「経験した」と回答。23%が「経験していない」と回答した。「経験した」人の理由は「働くママ・パパへのサポート制度が整っていなかったから」が23%で最も多く、続いて「当時の仕事自体を、辞めたいと思っていたから」が19%となった。これも、企業にとっては猛省すべき結果といえそうだ。

未婚女性・既婚女性それぞれを対象とした「今結婚・出産・育児を迎える際 職場でのどのようなサポートがあれば、働き続けやすいと思いますか?」という質問には、どちらも「会社が産休・育休を取るように積極的に動いてくれる」、「時短・フレックスタイム制の導入などで働く時間を決められる」という回答が上位を占めた。

女性活躍推進法案が成立し、これまで以上に女性が働きやすい職場作りが求められる。だが、この調査結果からは、女性の不満はかなりたまっている印象が強い。単に制度を導入するだけでなく、男性の理解も含めた、根っこの深い部分まできちんと精査した上で、施策を実施しなければ、せっかくの努力も水泡と化しかねない…。もちろん、それでは、これからの時代、優秀な人材を採り逃し、淘汰されるのは言うまでもない。

読み物コンテンツ

働き方白書について
仕事相談室について
極楽仕事術について
三者三様について
戦略的転職について
用語集について