働き方

週5日働くのはおかしいと思う人専用の就職サービス

投稿日:2014年7月24日 / by 瓦版編集部

「ゆるい就職」って何?

ゆるい就職

ゆるく働いて仕事を見つめ直す

(株)ビースタイル(本社:東京新宿区、代表取締役社長:三原邦彦)は、週休4日で月収15万円といった新しいワークスタイルを実験的に提供する人材派遣・紹介サービス「ゆるい就職」を開始する。対象は、新卒の学生~25歳以下で多様な働き方や「面白い何か」を模索する未来志向の若者。

同サービスは、「週3日勤務・月収15万円」など、それぞれのライフスタイルや要望に合わせた多様な勤務スタイルや業務を人材派遣・紹介でアレンジする。正規雇用など安定した就職とは一線を画しており、新しい働き方の可能性を追求する実験的サービスとして提供される。

「先進国の多くでは20代は人生観や職業観を模索し深めるためのモラトリアム期間となっています。昨今は日本でもただ働いて稼ぐだけでは充実感を得られないとの危機感やけだるさからすぐに就職しない未来志向の若者が増えつつあります。そうしたことなどから週の半分以下の就労で必要所得を確保し、生きがいや働きがい、『面白い何か』を見出していくための新しいワークスタイルを実験的に提供していきます」と同社では、サービス開始の狙いを説明する。

「NEET株式会社」企画した若新氏がプロデューサー就任

プロデューサーには、全員がニートで取締役の「NEET株式会社」や女子高生による自治体改革ユニット「鯖江市役所JK課」などを企画してきた、人材・組織コンサルタントで慶應義塾大学特任助教の若新雄純氏が就任。“ハミ出し”が秘めるパワーを熟知する第一人者が、新卒採用や働き方の「新しいスタンダード」を模索していく。

求職者は、プログラム参加費・サービス利用料は全て無料。派遣先、紹介企業は、現在までに首都圏のベンチャー企業、IT系企業等を中心に20社程度を予定している。主な業務内容は、営業事務などのデスクワーク。また、サービス利用者同士が自由に交流し、意見交換や相互サポートできるオープンコミュニティも運営してく。

なお、「ゆるい就職」は、あくまで就職の形態がゆるいのであって、仕事そのものはゆるくないとのこと。

読み物コンテンツ

働き方白書について
仕事相談室について
極楽仕事術について
三者三様について
戦略的転職について
用語集について