企業風土

「倍返し」で社員のやる気をアップさせる会社のしくみとは

投稿日:2014年11月17日 / by 瓦版編集部

rock on エントランス企業の成長は株主のためにあらず!? (株)ロックオン(本社:大阪府大阪市北区 代表取締役社長:岩田 進)は、2014年11月17日、福利厚生強化の一環として、社員持株会の奨励金を、拠出金額の5%から100%へ引き上げることを発表した。

「倍返しだ」は、昨年大フィーバーしたフレーズだが、アレは“痛み”の倍返し。同社は、社員の頑張りに期待して、モチベーションと喜びを「倍返し」する。

名付けてズバリ、「倍返し制度」。目的は、中長期において会社と社員が成功を分かち合うこと。具体的には、例えば社員持株会制度で10,000円を拠出した場合、会社が奨励金として拠出分と同額(100%)の10,000円を更に上乗せし、社員は合計20,000円分の自社株を買い付けできる。

現在(2014年10月末時点)までに、同社の社員持株会の加入率は77%と高く、同制度による自社株買いの更なる増加は、社員持株会の安定株主化および、社員の会社業績に対するコミットメント向上につながることが期待できる。

社員の資産形成に大きく貢献することで、社員はより会社のために尽力。それはひいては、一般株主への利益向上にも寄与する。社員持ち株会のメリットを最大化するような同社の試みは、終身雇用制度がおぼつかなくなった昨今において、新たな“安定”につながる福利厚生として注目度が上がってくるかもしれない…。

長期休暇中のコンタクトを禁止する「やまごもり制度」や最大2年の休職を取得できる「武者修行制度」など、社員側に立ったユニークで大胆な制度を揃える同社。今回の制度設定においても「今後も弊社は、会社と社員が一丸となり、常に社員のモチベーションが高い組織となるよう、福利厚生の充実に努めて参ります」と話し、さらなる躍進を誓った。

 

 

読み物コンテンツ

働き方白書について
仕事相談室について
極楽仕事術について
三者三様について
戦略的転職について
用語集について