働き方

徳島県三好市に老舗旅館再利用のサテライトオフィスを開設 

投稿日:2013年3月5日 / by 瓦版編集部

趣のあるサテライトオフィス人材紹介コンサルティング、人事評価システムの運用事業を手がける株式会社あしたのチーム(所在地:東京都港区、代表取締役:高橋 恭介)は、このほど、徳島県三好市に、市内初のサテライトオフィスを開設した。

同オフィスは、1887年創業の老舗旅館「政海旅館」の1階玄関付近の1室を改築したもの。昭和天皇も宿泊を利用したことがある由緒ある旅館で、地元でも親しまれていたが、利用客減少等の理由で2008年5月に閉館していた。

誕生の背景には 他県には類のない高速ブロードバンド網がある。こうした環境を活用したサテライトオフィス誘致のための助成金制度や集落再生プロジェクトも発足しており、過疎化対策に力を入れている。

同社ではサテライトオフィス開設について「高速ブロードバンド環境や各種助成金制度があることはもちろん、豊かな自然や行政担当者の熱心なサポートや住民の人柄の良さも開設の決め手となった。これを機会に、社会性がある問題に取り組むことの意義を感じ、「三好市の人口減少問題」「限界集落の問題」等について、業務拡大と地元雇用を行なうことで、積極的に地元との交流を図りたい」と話している。

同社は今後、地元業務の拡大以外に、地元企業とのビジネスマッチングや、首都圏のサテライトオフィス誘致推進についても積極的に行政と連携し、同地での可能性を追求していく。

読み物コンテンツ

働き方白書について
仕事相談室について
極楽仕事術について
三者三様について
戦略的転職について
用語集について