働き方

実現すれば働き方改革を大きく推進する同一労働同一賃金実現への大きな壁

投稿日:2017年5月19日 / by

働き方改革はどこへ向かい、何をもたらすのか

同一労働同一賃金の目的と行方

働き方改革になぜ「同一労働同一賃金」が必要なのか。生産性向上や時間や場所に捉われない働き方の実現については、ストンと腹に落ちるだろう。だが、雇用形態による賃金格差の是正はそれほど重要なのか…。働き方改革を高らかに宣言した安倍首相は「非正規という言葉をなくす」とまで明言している。

これを解くカギは「1億総活躍社会の実現」という言葉に凝縮される。老若男女が活躍し、高齢社会における労働人口の減少に立ち向かおう。とりわけ、ママさんや高齢者など、一度就労現場から離れた人材こそ戦力として活用しよう--。それが総活躍に込められた意。そうした層が、潜在的にそうしたいと思っていても時間や体力的に限られるケースも多く、どうしても雇用形態は融通の利く非正規を選択せざるを得ない…。

就労者全員に活躍を求めながら、制約のある人、つまりやむを得ず非正規を選択するワーカーの賃金が低い。それでは公平感がまるでない。実際、非正規でも、正規以上に活躍する人材は少なくない。だからこそ、同一労働同一賃金にして、雇用形態による賃金格差を是正。理にかなった“出戻り人材”の受け入れ態勢を整備する必要がある。

多様性という潮流も連動する。右肩上がりの時代が終わり、労働者の価値観は激変。会社に粉骨砕身し、頑張った分だけ報酬をもらうという価値観から、仕事はほどほどにライフの充実を優先する。そうした価値観の労働者も増えている。こうした風潮を最適化するには、個々の働き方の選択に応じ、それに応じた適正な報酬がもたらされる土壌が不可欠だ。非正規で週三勤務を選択しても、やっている業務が同じなら時間単位では報酬は同一にする。そうであれば、個々が納得の上で、働き方を柔軟に選ぶことが可能になる。

賃金のフラット化で拡がる働き方のバリエーション

正社員という働き方が標準でなくなれば、「複業」へも柔軟に対応出来る。A社と週2、B社と週3という契約を正規同様の待遇で締結することができるなら、迷うことなく複業へシフトもできるだろう。要するに、同一労働同一賃金を実現することで、働き方の選択肢を大幅に増やすことが可能になるのだ。

逆にいえば、正社員は安定という正社員神話が働き方を硬直化させ、人材流動化を停滞させる元凶だったともいえる。もちろん、右肩上がりの成長モデルとして終身雇用/年功序列は大きく寄与してきた。しかし、少子高齢化でその前提が崩れた今、それに引きずれれることは欠陥が多過ぎ、多くの労働者を不幸にしてしまう。実はその大きなカギを握っているのが、同一労働同一賃金の実現なのだ。

もっとも、同一労働同一賃金の実現は働き方改革の中でも最難関といえる。時間無関係に働き、業務領域もあいまいで、責任も大きい正社員。この日本固有ともいえる雇用形態と、仕事は正確にしっかりこなすが、時間通りで、責任も少ない。これを同列にすることへの相当な反発が予想されるからだ。

さすがに劇的に変えることは難しいだろう。やれば確実に大きな摩擦が起こるだろう。少しずつ、徐々に溝を埋めながらその差を縮めていく。若者とシニアの賃金格差を埋めるのと同様の段階を踏みながら、課題をひとつづつクリアしつつ、格差を縮めていく。労働者の価値観も着実に変質しており、ジョブ型への移行の道筋もみえつつある。うまい具合に全てがうまく噛み合えば、最難関のクリアも不可能ではないハズだ。(続く)

読み物コンテンツ

働き方白書について
仕事相談室について
極楽仕事術について
三者三様について
戦略的転職について
用語集について