働き方

快適すぎる職場を捨てる勇気ありますか?

投稿日:2016年6月7日 / by

編集部便り

メルマガの登録方法

梅雨入りしましたが、関東ではまだ雲が多いという印象で、雨は少なめです。こんにちは、編集部のノリスケです。毎週火曜日は、瓦版のメルマガ配信日です。

メルマガでは毎回、テーマを決め、徒然と思ったことを書き、瓦版の記事と連動させています。気が付けば90回にもなりました。いつもと違う瓦版がみれて、効率的に働き方の情報を収集できるサブメディアとしてご活用ください。

登録の仕方はとても簡単です。瓦版のページ右上(スマホ版はページ下方)にあるメルマガのバナー(下図参照)内の入力枠にあなたのメールアドレスを入れて、登録ボタンをクリックするだけです。細かい情報は不要ですので、気軽にご登録ください。

mailmag

 

◇参考に最新号の編集後記を転載しておきます↓。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<編集後記>―人は何のために働くのか、の答えは?―

「快適すぎる」。ブラジル代表のサッカー選手でバルセロナに所属するDF、ダニエル・アウベス。世界最高峰のクラブチームでもレギュラーを確保し、数多くのタイトルを手にしているが、今夏クラブを去るという。その理由が冒頭の言葉だ。

言葉通り、所属のバルセロナにいれば、高額な報酬はもちろん、タイトル、名声、全てを手中に収めることができる。南米の血がそれをよしとしないのか、生来の気質なのか…。「刺激が欲しい。人は快適な場所を離れなければいけないと思う。別の場所で歴史をつくる」とまさに安泰を捨て、挑戦する決断をした。

大企業から中小企業あるいは、起業、フリーランス転身を果たす人がいる。そうした人とダニエルを比べるのは安直かもしれない。だが、快適な場にいると、人間の中の怠惰な部分が表出し、尖った部分が丸くなる気は確かにする。

「そんなこと気にしなくてもいい」という人もいるだろう。だが、生きている以上、常にチャレンジ精神がなければ、存在している意味を見失いかねない気もする。

ベンチャーを起業し、若くして大金を手にして早々にセミリタイアした若富豪がこんなことを言っていた。「最初は世界中を回ってのんびりしてたんですが、半年もすると飽きて仕事をしたくなった」。

人は何のために働くのか…。永遠のテーマだが、こうしたことの中に、なにか真髄があるような気がする。

読み物コンテンツ

働き方白書について
仕事相談室について
極楽仕事術について
三者三様について
戦略的転職について
用語集について