企業風土

企業情報サイト評価、トップにはあの企業が返り咲き

投稿日:2012年11月29日 / by

日本ブランド戦略研究所(本社:東京都港区、代表者:榛沢 明浩)は、有力企業252社の企業情報サイトについてユーザからの評価を行い、その結果を公表した。

■1位はサントリー

「会社案内」「ニュースリリース」「技術・品質・安全・安心」

「CSR・環境への取組み」など、多くのコンテンツで高く評価されたサントリーが総合1位となった。同社は2010年まで3年連続1位だった。

2位は昨年1位のトヨタ自動車だった。

以下、味の素、ホンダ(本田技研工業)、キユーピーの順となった。
上位には食品メーカのほか、自動車、窯業・金属製品・ゴム製品、化学・繊維などのメーカが多く並ぶ結果となった。

■CCサイト指数ランキング(全体)<総合ランキング上位20社>

順位/企業名/業種名/評価指数(ポイント)
———————————————————————-
1 /サントリー     /食品・水産       /112.6
2 /トヨタ自動車    /機械・輸送用機器    /110.5
3 /味の素       /食品・水産       /108.0
4 /ホンダ(本田技研工業)/機械・輸送用機器    /106.2
5 /キユーピー     /食品・水産       /105.5
6 /カゴメ       /食品・水産       /104.2
7 /TOTO        /窯業・金属製品・ゴム製品/103.3
8 /キリンビール    /食品・水産       /102.2
9 /ブリヂストン    /窯業・金属製品・ゴム製品/101.2
10/サッポロビール   /食品・水産       /100.5
11/モスフードサービス /商業          /100.3
12/アサヒビール    /食品・水産       /100.0
13/キッコーマン    /食品・水産       /99.7
14/ANA(全日本空輸)   /運輸          /99.2
15/資生堂       /化学・繊維       /99.0
15/富士フイルム    /化学・繊維       /99.0
17/ハウス食品     /食品・水産       /98.2
18/旭化成       /化学・繊維       /97.7
19/パナソニック    /電機・精密       /96.7
20/日産自動車     /機械・輸送用機器    /96.2
———————————————————————-
<評価方法>
業種別に抽出した企業情報サイトユーザに対象サイトのコンテンツを閲覧してもらい、その評価をしてもらった。対象の企業情報は、会社案内、ニュースリリース、技術・品質・安全・安心情報、CSR・環境への取組み、IR情報、理念・ビジョンの6コンテンツである。
回答者はコンテンツを閲覧のうえ、それぞれ5段階評価を行う。また、総合評価であるCCサイト指数は6つのコンテンツ評価(非上場企業はIR情報を除く5つのコンテンツ)の平均によって算出した。

<調査概要>
調査時期は2012年10月、インターネットを通じたアンケートによって行った。
有効回答数は12,600人。

<結果及び調査内容の詳細>
詳細はこちらをご覧ください。
http://japanbrand.jp/ranking/cc-ranking/
http://japanbrand.jp/cc

<日本ブランド戦略研究所について>
ブランド戦略やWeb戦略に関するコンサルティング会社。企業に対するコンサルティングのほか、ブランドやWebサイトに関する定期的な調査を行い発表している。
Webサイトに関する主な定期調査には、Webサイトの価値を総合的に評価する
「Web Equity」、企業情報をユーザーが評価する「企業情報サイト調査」、BtoBサイトのビジネス貢献度を評価する「BtoBサイト調査」がある。

@Press

 

読み物コンテンツ

働き方白書について
仕事相談室について
極楽仕事術について
三者三様について
戦略的転職について
用語集について