企業風土

2013年上半期のベストチーム

投稿日:2013年7月17日 / by

その年の「ベストチーム」を表彰し、チームワークの向上と促進を提案するベストチーム・オブ・ザ・イヤー実行委員会(委員長:おちまさと)は、全国の若手ビジネスパーソン(24~33歳)男女300名を対象に、「2013年上半期もっとも印象に残った『チーム』に関する調査」を実施した。2013年上半期に「もっとも印象に残った/感動した」、「中の人の話を聞いてみたい」チームを部門別に1つずつ回答してもらった。

芸能/スポーツ部門では、2014年W杯出場を決めた「サッカー男子 日本代表チーム」と回答した人が過半数を占めた。政治/ビジネス部門では、2012年のリリース以来爆発的なダウンロード数を達成し、国民的ゲームとなった「パズル&ドラゴンズ 開発チーム」が首位となった。

team-work1

続いて、現政権の「自民党」と無料通話アプリ「LINE」の開発チームが、1位と僅差で同率で2位にランクインした。

政治/ビジネス部門のチームワーク

各チームを選定した理由のトップ5は、芸能/スポーツ部門では「目標に向かって頑張っている姿」、政治/ビジネス部門は「これまでの製品/サービスの革新性」「結果を残している点」が挙がった。

実行委員会は結果を受けて、次のように総括した。

「W杯出場を決めた「サッカー男子日本代表チーム」への回答が圧倒的多数を占めたのは、試合直後に調査を実施した点が影響しているだろう。本田圭佑選手が発した『日本人はチームワークを生まれつき持っている民族。自立した個が集まり、よりチームワークを強めていくことが必要』といった旨のコメントは、実行委員会が提唱している「チームワーク」の考え方(”チームワーク”とは精神論ではなく、各個人のスキルが発揮された状態)に沿ったもので、大変印象深かった」。

2013年の最優秀チームは、「その年のベストチーム」を決定するアワード「ベストチーム・オブ・ザ・イヤー2013」(毎年11月26日のいいチームの日に開催)で発表する。

読み物コンテンツ

働き方白書について
仕事相談室について
極楽仕事術について
三者三様について
戦略的転職について
用語集について