働き方

転職の強い味方!エージェントサービスの使い方

転職エージェントへの登録は簡単です。エントリーフォームにメールアドレスなどを入力して、返信を待つだけですぐに登録が可能になります。

転職を考えたときに、転職エージェントを利用しようと考える方も多いでしょう。しかし、転職エージェントとはどのように利用すればよいのかわからない人も多く、実際に登録するまで、足踏みすることもよくあります。そこで、簡単な登録方法や、エージェントサービスを利用するにあたってのメリットとデメリットを紹介いたします。

エージェント制度自体に不安を持っている人も多いようですが、本気で転職を考えるのであれば、エージェントの利用はとても有効的です。登録から転職まですべてのサービスが無料で利用できるので、一度登録をして話を聴きに行きましょう。
agent-003

転職エージェントによる登録から転職までの流れ

転職エージェントに登録するのに必要なのは、以下の情報です。

  • ・氏名
  • ・メールアドレス
  • ・住所
  • ・性別
  • ・年齢
  • ・電話番号
  • ・学歴
  • ・職歴
  • ・希望条件

普通に考えて、転職の際に必要な情報が、そのままエージェント制度でも使用できます。エージェントに登録する際には、履歴書や職務経歴書が必要のない場合もありますが、転職をする際には必要になるので、予め準備をしておくとよいでしょう。

エントリーフォームの入力

まずは、エントリーフォームにてご自身の情報を入力いたします。エージェントによっては、複数ページに渡って入力しなければいけない場合もありますが、入力する項目はどのエージェントでも違いはほとんどありません。

面談・キャリアカウンセリング

agent-007
エントリーフォームに入力をすると、その後入力したメールアドレスに、エージェントから連絡が届きます。その後エージェントと面談を行います。
面談の際にエージェントによっては、キャリアカウンセリングを行ってもらうこともできます。
キャリアカウンセリングでは自分が積み重ねてきたキャリアについての診断を受けることができ、世の中の求人ニーズと照らし合わせることが可能になります。
また、自分の適正年収などについても教えてもらうことができますので、自分の能力を客観的に見るいい機会となるでしょう。

面談やカウンセリングでは、できる限り自分について包み隠さず話すようにしましょう。

あなたが転職を考えた理由は、ネガティブなものか?ポジティブなものか?どちらでも構いません。自分が転職を考えるに至った理由をはっきりとエージェントに伝えるようにしましょう。例えば、ネガティブな理由の最たる例として、長時間労働が厭だったとか、上司との折り合いが悪かったなどについて、包み隠さず話しておいた方が良いでしょう。そして、その原因が一体どこにあったのかについても、話しておくことが重要です。誰に何を隠す必要もありません。自分の中での想いを伝えることで、条件をしっかりと絞ってくれます。

エージェントは、求人をしている会社のことを把握していますので、自分の性格に合う会社かどうかも見定めてくれます。ただ単に就職情報誌や、転職サイトを見ていただけではわからない部分についても、詳しく解説してくれます。

案件紹介

エージェントによってはキャリアカウンセリング後、すぐに求人紹介をしてくれる場合があります。エントリーフォームにて入力した内容に沿った求人の紹介を受けることができるでしょう。非公開求人も多いので、通常のウェブサイトに掲載されていない案件も紹介して貰えます。

その場で、エントリーしたい企業を選ぶことができます。エントリーを済ませると、後日面接の可否などについて、エージェントから連絡を貰うことができます。

エージェントとの面談は、そこまで多くありません。初回で終わる場合もあれば、何度か通う場合もあります。面談を繰り返すかはその人次第ですが、できるだけ最初の面談で訊きたいこと、言いたいことは全てさらけ出しておきましょう。

応募・エントリー

初回の応募ですぐに面接に進む場合もありますが、それがうまくいかなかったときには、何度かやりとりをすることになります。エージェントからは独自の管理画面を渡されるケースが多く、そこにアクセスすればエントリーできる会社が一覧で表示されるというシステムです。
その後は、電話にてやり取りをすることが多くなるでしょう。

初回、または二回目ぐらいで面接が決まることもあれば、何度も連絡や面接を進めていかなければいけない場合もあります。エントリーだけができても、面接に繋がらないこともあり得まして、自分の希望に合った案件数が減っていくことも十分にあり得ます。

登録したエージェントに希望する案件があまり揃っていないと感じたら、複数のエージェントに登録することをお勧めします。エージェントによって抱えている案件も違う場合がありますし、強みとしている職種や業種にも違いがございますので、一つに絞って登録するよりも、複数社に登録して、案件を見比べるのは転職をするにあたってとても重要になるでしょう。

※複数のエージェントに登録することで、一つの案件を複数の会社が取り扱っていることなどがわかると思います。その場合は、募集を掛けている会社を調べておくとよいでしょう。新規事業のために人が必要な会社なのか、人の出入りが激しい会社なのかなどを見極めることで、間違った転職をせずにすみます。

面接

この面接とは企業との面接のことです。エージェントから紹介されることで、前情報は既に得ているという前提がございますが、そういった前提にとらわれず通常通りの態度で臨みましょう。面接日程の調整も、エージェントが対応をしてくれます。

企業との面接の際には、履歴書と職務経歴書が必要になります。履歴書や職務経歴書はきちんとしたフォーマットに則って作成をします。履歴書、職務経歴書の添削についてもエージェントに相談するとよいでしょう。ここは削った方が良い、ここは膨らませた方が良いなどの判断をしてくれます。

企業との面接は、エージェントからの紹介だからと言って、アドバンテージがあるものではありません。会社によっては、3次面接まであるところもございます。企業によってはSPIの試験を受けるところもあります。

転職をするにあたって、面接は企業にとっても求職者にとっても重要なポイントです。人と人とがつながり合う唯一の接点が面接になります。
企業側はこれから一緒に働いていく仲間として求職者を見ますし、求職者はこれから働いていく場所として、企業を見ます。その相互関係は入社した後も続きますので、しっかりと見極めて面接を受けるようにいたしましょう。

転職において面接までコマを進めますと、「採用されること」が目的になりがちなのですが、本来の目的は「その会社で働いていくこと」になりますので、最初の目的を見失わないようにしながら、面接に臨むとよいでしょう。

面接後のアフターケアや年収の交渉などもエージェントが行ってくれます。たまに自分が希望している年収以下の条件をエージェントから提示されることもありますが、その際には、自分が気に入った会社かどうかなどを自ら見極めて判断するようにしてください。

年収は多少下がっても働きたい会社なのか、年収は上がっても働きたくない会社なのか、いろいろな条件を照らし合わせて、自分が行くべき道を上手に見極めることが、転職を成功させるための重要な事項になります。

内定

面接に見事合格すると内定をいただけるようになります。
内定後は日程を調整して、次の会社で働く準備を進めるようにいたしましょう。今働いている会社がある場合は、その会社に退職する旨を伝えます。

退職の際は、自ら申し出て手続きをしなければいけません。エージェントは転職先についての入社日の調整は行ってくれますが、退職の手続きまでは担ってくれません。その代わり、退職についてのアドバイスを求めることは可能です。また、入社後の働き方についても相談に応じてくれることもあります。

次の会社に無事入社できれば、転職活動は終了となります。エージェントの利用もその時点で完了です。特にここまでの間で求職者がお金を取られることはないので、気軽に利用してみるとよいでしょう。

転職エージェントのメリット

agent-006
エージェントを利用するメリットはいくつもあります。非公開求人があるだけではなく、キャリアカウンセリングを行ってもらえますし、書類の添削も行ってくれます。面接日程の調整などもエージェントが行う業務になります。

求職者が行う業務の短縮

求職者が自ら行うことが幾つかカットできる点が挙げられます。転職まで行うフローの半分以上はエージェントが行ってくれます。

求職者が行うこと

  • ・エージェントへの登録
  • ・エージェントとの面談
  • ・エントリー
  • ・履歴書、職務経歴書の作成
  • ・面接
  • ・退職の手続き
  • ・入社

エージェントが行うこと

  • ・求職者との面談
  • ・希望条件に合った転職先の紹介
  • ・企業へのエントリー
  • ・面接日程の調整
  • ・年収や勤務時間などの交渉
  • ・入社日の調整

キャリアカウンセリング

転職エージェントを利用するにあたって、キャリアカウンセリングを受けられるというのは、非常に大きな利点ではないでしょうか。

自分のキャリアというのは今まで働いていた会社で見ると、どのぐらい役に立っていたのか、どのぐらいのレベルなのかというのはなんとなく判断できますが、社会全体において、自分の能力やスキルはどのぐらいのものなのか測る機会はほぼありません。

しかし、エージェントであれば、たくさんの人を見てきていますし、いくつもの会社を見ていますので、客観的かつ俯瞰的な視点で今必要とされている人材やスキルについて熟知しています。そのため、求職者が今のトレンドに合った人材なのかどうかを、見極めてアドバイスをしてくれます。

書類の添削

エージェントでは書類の添削を行ってくれます。主に、履歴書や職務経歴書について内容に自信がない人は、エージェントに添削をお願いすることができます。

どういったことを書くべきか、どういった内容なら受けが良いかなどをしっかりと聴き、できる限りの自己アピールをしてください。面接を受ける会社に対してのアピールが重要になりますので、職務経歴書の使い回しはしないようにしましょう。

非公開求人の紹介

非公開求人の紹介というのが、エージェントの大きなメリットの一つとなります。非公開求人とは、その名の通り、特定のエージェントだけが持っている求人情報ですので、通常の求人誌に掲載するよりも洗練された情報になります。

求人を掛けている企業側も、本当の意味で戦力になる人を探しているときにエージェントを利用することが多いので、審査の目は厳しくなります。

転職エージェントのデメリット

agent-001
転職エージェントのデメリットとしては、下記の内容が当てはまります。
・自己スキルなどの条件によっては、見合う案件が少ない場合がある
・社会人未経験者では利用のハードルが若干高い
・希望に沿わない案件でも紹介をされるケースもある
・エージェントの利用期間を定めている場合があるので転職に焦りが出る

自己スキルの不足による紹介案件のなさ

自身のスキル不足によって案件をあまり紹介して貰えないことがあります。紹介して貰えたとしても、面接までこぎつけることができない場合もあります。その際には、転職を一度諦めてスキル磨きをするか、普通の転職サイトを利用して、経験が浅い人でもやりたい仕事に就けるところを選びましょう。

転職する際のポイントは、とりあえず入社できるところを目指すのではなく、自分のやりたいこと、覚えたいことが仕事として存在しているかどうかを確かめてから、行うようにしなければいけません。

未経験者にはハードルが高い

エージェントサービスを利用する企業は、優秀な人材を求めています。優秀な人材とは仕事についてキャリアをしっかりと重ねてきた人材のことです。つまりは経験値がものをいうわけです。社会人未経験ですと、経験値という点で証明できるものがなければ、なかなかエージェントへの登録は難しいかもしれません。

社会人は未経験でも、自分がやってきたことについてはきちんと証明できるという方は、ポートフォリオなどをしっかりと携えてから、面談に臨んでください。自分にはこれだけの能力があるという証明さえできれば、未経験であろうと構わず入社の窓口を開いてくれるはずです。

自分の希望と合わない案件の紹介もある

エージェントはたくさん案件を抱えているので、求職者のスキルとの近似値を探って案件の紹介をしてくれることもあります。こういった案件を見て、「自分の希望とかけ離れている」と思うのではなく、自分の可能性としてこういった業種や職種もあると感じるべきです。

しかし、自分が働きたくないと考えている業界を推薦してくることもあるので、その時にははっきりと断ってください。それができないと、自分の希望する転職先には入れなくなってしまうでしょう。

エージェントの登録機関に制限がある

エージェントは延々と求職者向けに案件を紹介してくるわけではありません。大体3ヶ月など期間を定めてサービスの展開をしてくれます。これによって求職者は短期決戦を強いられるわけですが、ここで焦って自分の行く末を決めないようにしてください。

この期間中に転職が叶わなければ、今は転職する時期ではなかったと一旦身を引くのも転職における重要な戦術の一つです。それよりもエージェントからは今必要とされているニーズを着実に聞き出し、自分のスキルアップの糧にするぐらいの気持ちが重要になるのです。

エージェントが抱えている案件は、ほぼ最初に紹介された時点で決まると言っても過言ではありません。もちろん契約期間中に、いくつか新しい案件が出てくる場合もありますが、その偶然に頼るほど悠長に構えて転職するわけには行かないはずです。

必要とされるスキルをちゃんと持っている人なら、そのスキルやしたいことに応じた形で案件は見つかるはずです。短い契約期間だからと言って、行く気のない会社に焦ってエントリーしないようにいたしましょう。

転職理由が最も重要

agent-004
転職を考えるにあたって大事なのは、「転職をしたいと考えた理由」になります。転職とはかなり体力を使う行動です。自分の人生にも大きな影響を与える事象なのです。簡単にホイホイ転職する人もいますが、完全な転職に至るまでにはいろいろなハードルを乗り越えていかなければいけません。

生きていくための仕事ですから、しっかりと理由を持ってしっかりした会社への転職を成功させてください。

転職におススメのエージェントサービス

エージェントサービスにはそれぞれ特性がありますので、自分の特性に合ったエージェントを選ぶといいでしょう。

ハタラクティブ

エージェント初体験の方は、ハタラクティブがおススメです。エージェントサービスはなかなか使うのにハードルが高いという人は、まずハタラクティブに登録をしてみてください。若い人向けの求人も多数あるので、第二新卒の方などにもおすすめです。
hataraku

リクルートエージェント

日本最大級の転職案件を持つリクルートエージェントは、首都圏などの都会に住む人にも、地方都市に住む人にもおススメです。エージェント契約期間は3ヶ月と短めですが、短期決戦を狙う方は是非ご利用ください。recruit-agent

type転職エージェント

typeエージェントでは、業種ごとに担当アドバイザーが違うので、自分がやりたいことやできることに特化した求人紹介を受けることができます。各種転職セミナーなども行っているので、本気度の高い求人を探したい人は、是非ご登録ください。
type-logo

マイナビエージェント

業界に特化した転職を狙うならマイナビエージェントがおススメです。自分が勤めたい業種が決まっている人向けのエージェントサービスでして、各業界ごとに専門のコンサルタントがいるので、詳しい転職市場についても教えてもらうことができます。mynavi-agent

DODA

自分を変えたい人はDODAに登録をしてみてはいかがでしょうか。DODAではステップアップのための案件を多数取り揃えており、エージェントも今持っているスキルをどのように活かすのかについてを熟知しておりますので、現状から飛躍したい方にはDODAがおススメです。
doda

ビズリーチ

ハイクラスの転職を目指すのであれば、ビズリーチが断然おススメです。年収アップを狙いたい人、自分のスキルを最大限に活かしたい人は、レジュメを登録しエージェントに話を聴きに行ってみてください。
bizreach

読み物コンテンツ

働き方白書について
仕事相談室について
極楽仕事術について
三者三様について
戦略的転職について
用語集について