働き方

労働集約型産業

投稿日: / by

【労働集約型産業】

労働力を多く要する産業のこと。飲食業、介護など接客や人力を必要とするサービス業などに多い。人以外で代替しづらい、つまり、規模拡大には従業員を多く抱える必要が出てくるため、人件費負担が大きくなる。そうなると、経営コスト削減に人件費の低い海外に業務委託するなどの施策がとられることになる。さらにその先には技術の進歩によるロボットやシステムによる業務効率化があり、資本集約型産業へと変貌を遂げるケースも出てくる。

読み物コンテンツ

働き方白書について
仕事相談室について
極楽仕事術について
三者三様について
戦略的転職について
用語集について