働き方

多様な働き方にフォーカスした求人メディアが誕生

投稿日:2015年2月23日 / by

新しい働き方に出会える求人メディアの狙い

paraft1多様な働き方にフォーカスした新機軸の転職・求人メディア「Paraft(パラフト)」が2015年2月、β版として20社限定でスタートした。旧来の求人情報にワークスタイルという視点を加えることで、次世代型の求人メディアを実現する。運営するリライドの中川亮代表にその狙いと展望を聞いた。

メディア名「パラフト」は、「パラダイムシフト」と「ワークシフト」を組み合わせた言葉。テクノロジーの進化と市場環境の激変の中、働き方にもパライムシフトを、との思いが込められている。

「すでにフリーランスでこうした仕組みを使ったIT人材マッチングサービス(週2日からのIT仕事紹介PROsheet(シェアゼロ))を行っていますが、そうした中、企業にとって、コアとなる正社員雇用の求人ニーズも非常に多くいただきました。ところが、ベンチャー企業の場合、優秀な人材を集めるのに大企業のような福利厚生や給与待遇はなかなか用意できない。求職者もビジョンや事業内容に魅力を感じても、大企業に勤めていたり、自由があるフリーランスからの転職には二の足を踏むこともある。そこで、『働き方』という部分に着目し、多様な働き方を求職者に提供することにより、自立した優秀な人材にアピールできないか、と立ち上げたのがこのサービスになります」とサイトを運営するリライド代表の中川亮氏は説明する。

従来の求人サイトでは、どうしても企業の規模や待遇が求人市場で優位に働き、優秀な人材は、そこへ吸い寄せられていた。だが、いまや、そうした企業の体力自体が低下していることに加え、テクノロジーの進化により、柔軟な働き方も可能になっている。認知度や資金力がなくとも、ワークスタイルの工夫によって、「自分に合った形態で働きたい」と考える優秀な人材を引き寄せることも不可能ではなくなっている。

多様な働き方の広がりをサポート

中川亮

パラフトのコンセプトを説明する中川代表

「例えばご家庭の事情でIターンを余儀なくされている人材にとって、完全リモートワークOKなら地方にいながら東京の企業の正社員になれます。あるいは、お子さんのいる女性がコアタイムのみ会社勤務でよければ子育てとの両立が可能になる。そうやって、働き方を多様に提供することで、働くことを諦めていた優秀な人材を確保できるだけでなく、結果的に採用コストの上昇も抑えられる場合があるなど、求人企業にとっても様々なメリットが生まれると考えています」と中川代表は、同サービスが秘める可能性を力説する。

社会は今後、急速に人口減少へ向かう。管理職層の介護離職は確実に深刻化する。労働力も減少する。そうした中で、老若男女が働きやすい、多様性あふれる労働環境の構築は、企業が安定的に成長を持続するための必須課題となっている。実際、各企業でもテクノロジーを活用したリモートワークの導入や時短勤務の推進などで、誰もが働きやすい労働環境の整備を着々と進め始めている。

「働き方にフォーカスした人材採用には、しっかりとした受け入れ体制も必要です。もし、求人情報と異なり、実際は従来どおりの労働環境となってしまった場合、それは単なるミスマッチとはならず、企業にとってもネガティブな方向になることもあります。ですから、今回は20社限定とさせていただきました。実際にすでに導入されている企業や、人事の方が多様な働き方の受け入れをしっかりと理解されている経営者様、企業様でスタートします」と中川氏は、新しい取り組みゆえの慎重な姿勢を示す。

次世代の求人の在り方を模索する注目メディア

詳細情報もあり、自分にあった企業を探せる

詳細情報もあり、自分にあった企業を探せる

サイトコンセプトには<未来の「ハタラキカタ」を科学する>とある。それは、同社が、単に独自のワークスタイルを導入する企業とそれを求める人材を結びつけることだけをゴールとは捉えていないからに他ならない。そこから生みだされる企業のパフォーマンスの向上、コストダウン、埋もれた人材の発掘…など、より深い可能性の追求を目指している。だからこそ、単なるワークシフトにおける橋渡し機能にとどまらず、「サイエンス」という表現が絡んでくる。

サイトを通じて生まれる個人と企業のつながりを通じ、丹念に働き方の変化を分析し、マッチングの最適化を模索。そのプロセスで蓄積されるデータは、これからの社会に求められる課題が凝縮されることにもなる。それはまさに、未曽有の高齢社会ニッポンをハッピーにするヒントが隠された“ビッグデータ”になり得るものだ。新しい働き方が、注目フェーズから浸透フェーズへと突入しようとするタイミングに誕生した新機軸の求人・転職メディア、パラフト。次世代の求人の在り方を占う上でも、その動向は大いに注目だ。


読み物コンテンツ

働き方白書について
仕事相談室について
極楽仕事術について
三者三様について
戦略的転職について
用語集について