働き方

働き方用語の正しい読み方【プロ・リクルーター】

投稿日:2016年11月25日 / by

人材流動化を加速する凄腕採用担当者

リクルーターといえば、企業の採用担当者といった程度認識の人がほとんどだろう。体育会などでは、社会人になった先輩が、所属企業の「リクルーター」としてOB訪問に対応することも珍しくない。だが、これでは、専門職としてのリクルーターとしては十分とはいえない。本当のリクルーターにとって、これでは“仕事”といえるレベルにない。
drawプロ・リクルーターは、会社の中枢と直結し、事業遂行に必要な人材を可視化し、そこにマッチした人材を探し出し、口説き落とし、入社までを実現するのがミッションだ。米国では専門職として確立され、あらゆる角度から優秀人材確保の戦略を練り上げている。そのネットワークは、外部データベースや求人媒体、SNS、社員からの紹介、紹介会社、縁故など幅広い。だが、本当に欲しい人材は、こうした網には引っかからないのが実状だ。

張り巡らせた情報網を駆使し、辿り着いた転職潜在層にアプローチ。まずは転職への想いを顕在化させるところから、ミッションはスタートする。相手は転職に乗り気でない人材。説得するためのハードルは想像以上に高い。越えさせるためには、自社の魅力を正確に伝え、ビジョンに共感してもらえるほどのブレのないメッセージ力も必要となる。経営者並みに、企業の内情に精通し、経営ビジョンを語れる人材でなければ、その役割を十分には果たせない。だからこそ、経営の中枢との連携が重要となる。

これまでの日本企業では、ここまで採用に特化した人材を養成する発想はなかった。そこまで人材確保の重要性を認識していなかったからだろう。ともすれば、企業のブランディングをうまくやりさえすれば、あとは求職者が勝手に応募してくる。そんなスタンスで、受け身に構えるのが、平均的な採用への向き合い方だった。ところが、深刻化する人口減少により、人材の奪い合いが激化。グローバルの文脈では外資系企業も脅威となり、優秀な人材を獲得することが、急速に困難になっている。

 背景にはますます困難になる優秀人材の確保

(株)ビズリーチのキャリアカンパニー長・多田洋祐氏は、こうした状況を次のように解説する。「グローバル化やテクノロジーの進化などを背景にここ数年で採用ツールも急速に多様化。それにより、企業が人材獲得へ向け、自由に競争できるようになった。一方で、受け身では優秀な人材の獲得が極めて困難になっている。これまで以上に企業における採用力がインパクトを持つ時代に、採用が主体的・能動的になり、採用にも変革が起こっている。そうした中で、海外では重要な位置づけとなっているプロ・リクルーターの存在にも注目が集まり始めている」。

同社が毎年開催する「ダイレクト・リクルーティングアワード」。先ごろ都内で開催された2016年の回には、主体的・能動的に人材獲得を推進する企業の人事担当社が約180人集結。その中には、ダイレクト・リクルーティングに積極的な外資系企業やベンチャー企業も目立ったが、就職ランキングで上位に名を連ねる日系の大手企業も多数来場。優れた採用力で受賞もしており、採用における熾烈さが、想像以上に激化し、各企業が危機感を抱いていることを示す光景だった。

待っているだけ優秀な人材が採れる時代は終わった…

待っているだけ優秀な人材が採れる時代は終わった…

もはや受け身では優秀な人材は採れない--。この事実を認識した上で、人材流動化を改めて俯瞰すると、こうした流れが今後さらに激流のように加速していくことは容易に想像できるだろう。プロスポーツチームでは、選手の引き抜きは当たり前。そして、それが如実にチームの浮沈を左右する。勝敗というカタチで結果が目に見えるスポーツだから分かりやすいが、経営でも全く同じだ。

優秀な人材が集められない企業が、集められる企業に勝てる確率は当然ながら低い。その影響こそ目に見えずらいが、採用力の弱い企業は今後、どんどん衰退する。こうした状況が定着すれば、いまは転職潜在層の優秀人材も、吸い上げられるようにポコポコと顕在化してくるだろう。そうなれば、人材求心力・採用力のない企業は、急速に弱体化し、すぐれた経営ビジョンやビジネスモデルがあっても絵に描いた餅になりかねない…。採用のプロフェッショナル、プロ・リクルーターの養成がいま、企業の経営戦略において、その存亡を左右するほど重要項目であることは、もはや明白といえるのかもしれない。

読み物コンテンツ

働き方白書について
仕事相談室について
極楽仕事術について
三者三様について
戦略的転職について
用語集について