働き方

楽しく、遊んだ人がハッピーになることはなぜ否定されがちなのか…

投稿日:2017年3月6日 / by

なぜ私は悪だくみが好きなのか

私は悪だくみが大好きなのです。そもそも私の人生が悪だくみそのものだと、言えるのかもしれません。もちろん、悪だくみと言っても、誰かを陥れたり、不幸にするような、本当に悪い「悪だくみ」ではありません。朗らかな、軽やかな、純粋な、悪だくみ。それこそが、私が人生をかけてやり遂げたい、マイ悪だくみなのです。

悪くはないけど、悪だくみ。ややこしい話です。そもそもなぜ、悪くないのに、悪だくみなのか。それは、人を困らせるから。常識を否定する。努力の定義を変える。楽することを良しとする。一見、悪くないことに見えますが、それによって困る人もいるのです。

既に努力をしてしまった人。既得権益を守りたい人。他人を管理したい人。そういう人たちにとって、常識やルールを書き換えられることは、とても迷惑なことなのです。

しかし、迷惑がられても、私はやります。なぜなら、楽しいから。そして、それが自分の役割であると、信じているから。

とことんやればおふざけも素敵になるハズ

マイ悪だくみには、ひとつの目的があります。それは、どんなに真面目そうに働いていても、「遊び」こそが人間の本質である、と証明すること。楽しむことが人生の本質であり、とことん楽しんだ人が、人生の成功者となり、とことん楽しませた人もまた、人生の成功者となる、ということ。ふざけた商品を開発したり、ふざけた売り方を考えたり、ふざけた職場をつくったり、ふざけた経営をしてみたり。それを、ふざけずに、本気でやる。真面目に、とことん努力して、ふざけるのです。

そういう、とことんふざけた商品が売れ、とことんふざけた売り方がウケ、とことんふざけた職場にいい人材が集まり、とことんふざけた会社の業績がアップする。みんなで笑いながら、楽しく稼ぐ。それってとても素敵なことじゃないですか。でもきっと、受け入れられないでしょうね。だって、仕事とは我慢すること、そう思っている人が多いですから。

理不尽でも、嫌な命令でも、従うから報酬がもらえる。そういう、夢も希望もないような常識は、簡単に受け入れる。楽しく、遊んだ人ほど、ハッピーになる。そういう、夢も希望もある非常識は、受け入れない。人間とは、そういう変わった生き物なのです。


<プロフィール>安田佳生(ヤスダヨシオ)
yasuda21965年、大阪府生まれ。高校卒業後渡米し、オレゴン州立大学で生物学を専攻。帰国後リクルート社を経て、1990年ワイキューブを設立。著書多数。2006年に刊行した『千円札は拾うな。』は33万部超のベストセラー。新卒採用コンサルティングなどの人材採用関連を主軸に中小企業向けの経営支援事業を手がけたY-CUBE(ワイキューブ) は2007年に売上高約46億円を計上。しかし、2011年3月30日、東京地裁に民事再生法の適用を申請。その後、個人で活動を続けながら、2015年、中小企業に特化したブランディング会社「BFI」を立ち上げる。経営方針は、採用しない・育成しない・管理しない。最新刊「自分を磨く働き方」では、氏が辿り着いた一つの答えとして従来の働き方と180度違う働き方を提唱している。同氏と差しで向き合い、こだわりの店で食事をし、こだわりのバーで酒を飲み、こだわりに経営について相談に乗ってもらえる「こだわりの相談ツアー」は随時募集中(http://brand-farmers.jp/blog/kodawari_tour/)。

読み物コンテンツ

働き方白書について
仕事相談室について
極楽仕事術について
三者三様について
戦略的転職について
用語集について