働き方

ムダをなくすことに哲学がない経営者の末路

投稿日:2018年4月2日 / by

変人・安田の境目コラム

無駄を追求することが良い経営につながらない理由

少しでも安くするための努力。それは、顧客への誠意とも言えます。同様に、高くするための努力。これは、社員や仕入先への誠意なのです。少しでも待遇を良くする。社員の頑張りに応えるために。少しでも支払い条件を良くする。仕入先への感謝を伝えるために。

これって、普通だと思うんですけど…。でも、そう思わない人が多いですよね。無駄な人件費は払わない方がいい。無駄な支払いも減らした方がいい。確かに、無駄は良くないと思います。私は無駄に待遇を良くした経験があります。だから、その体験からも言えます。無駄は良くないと。

私は無駄な出費をしました。だからこそ、分かるのです。どこからが無駄なのか。そして、どこまでが無駄ではないのか。無駄の境目など考えない。とにかく無駄な支払いは良くない。そう決めつけている経営者さんには、残念ながら哲学を感じません。

何のために無駄をなくすのか。そこに哲学がない経営者。それは、何のために会社をやっているのか、という哲学を持たない経営者。人が採れないから、仕方なく給料を増やす。仕入れが出来ないから、仕方なく支払いを増やす。そういう経営者さんにとって、適正価格とは即ち最低価格のことなのです。

哲学がない=魅力がないに気付かない愚かさ

それの、どこがいけないんだ!と怒られそうですけど…。別に、いけなくはないのです。ただ、魅力がないというだけ。その会社で働きたい、という魅力。その会社と取引したい、という魅力。そういう魅力を感じない。

もちろん魅力がなくても仕事はします。魅力がなくても、働きます。だって、他では雇ってくれないから。魅力がなくても、取引します。だって、他では取引してもらえないから。

最低限の条件で仕事をさせる会社には、最低限の社員と取引先しか、集まりません。にも関わらず、こういう事を言うのです。<もっと考え、もっと工夫し、もっと貢献しろ>と。

相手は人間なんですよね。社員も、お客さんも、取引先も。私たちは人間を相手に仕事をしている。嫌な人とは仕事をしたくないし、好きな人のためなら多少の苦労は厭わない。なぜ、こんな簡単なことが、分からないのでしょう…。


<プロフィール>安田佳生(ヤスダヨシオ)
yasuda21965年、大阪府生まれ。高校卒業後渡米し、オレゴン州立大学で生物学を専攻。帰国後リクルート社を経て、1990年ワイキューブを設立。著書多数。2006年に刊行した『千円札は拾うな。』は33万部超のベストセラー。新卒採用コンサルティングなどの人材採用関連を主軸に中小企業向けの経営支援事業を手がけたY-CUBE(ワイキューブ) は2007年に売上高約46億円を計上。しかし、2011年3月30日、東京地裁に民事再生法の適用を申請。その後、個人で活動を続けながら、2015年、中小企業に特化したブランディング会社「BFI」を立ち上げる。経営方針は、採用しない・育成しない・管理しない。最新刊「自分を磨く働き方」では、氏が辿り着いた一つの答えとして従来の働き方と180度違う働き方を提唱している。同氏と差しで向き合い、こだわりの店で食事をし、こだわりのバーで酒を飲み、こだわりに経営について相談に乗ってもらえる「こだわりの相談ツアー」は随時募集中(http://brand-farmers.jp/blog/kodawari_tour/)。

読み物コンテンツ

働き方白書について
仕事相談室について
極楽仕事術について
三者三様について
戦略的転職について
用語集について