働き方

個のスキルアップ優先が“基準”の時代に空回りしない部下管理術とは

投稿日:2019年6月6日 / by

一律統制型マネジメントに代わる新時代のマネジメントに求められるもの

マネージャーの仕事は、業務を管理し、部下を育成し、組織を円滑に動かすことだ。このこと自体はある意味で不変といえる。だが、かつての成功法則が形骸化し、若い世代の価値観が変化した令和時代は、同じマネジメントでもそのやり方は大きく異なってくる。

なによりも、新入社員世代の意識が昔とは様変わりしている。リクルートマネジメントソリューションズが行った新入社員世代の意識調査では、その変質ぶりが顕著に示されている。

例えば、「社会人として大切にしたいことは」という質問に対する回答では、「仕事に必要なスキルや知識を身につけること」が首位となっている。これは、不動の一位だった「社会人としてのルール・マナーを身につけること」をついに抜き去る、大きな変化だ。「仕事で高い成果を出すこと」も2010年の調査開始以来、最高値となっている。

リクルートマネジメントソリューションズ調べ

この2つを見るだけでも、若い世代の組織への忠誠心の薄れと個の能力の伸長意欲が高まっていることが浮き彫りになる。若者のこうした傾向自体は潜在的なもの含めれば、以前から決して小さくはなかったハズだが、昨今はこうした傾向を受け止め、それを伸ばせなければ組織を活性化できない環境になっている。逆にいえば、かつての一律統制型のマネジメントでは組織は機能しづらくなっている。

個に寄り添いながら自立を促すバランス感覚が重要に

では、個を尊重することが求められる時代にマネージャーはどう部下を管理していけばいいのか。新人への調査で、働きたい職場の項目で「活気がある」「皆で一つの目標を共有する」「互いに鍛え合う」が下がり続けていることをみても、いわゆる体育会系マネジメントはいまの時代、もはや無意味と考えるべきだろう。

逆に「相手の意見に耳を傾ける」「一人一人に対し丁寧に指導する」「良いこと・良い仕事をほめる」が伸びており、個別のポジティブ型マネジメントが有用といえる。もっとも、マネージャーにとって、個々に向き合うマネジメントは大きな負担になる。フル回転すれば、部下の管理の前にマネージャー自身がつぶれかねない…。

そこでリクルートマネジメントソリューションズ・HRD事業開発部主任研究員の桑原正義氏が提案するのが、自ら考え動きながら学習していく「Try&Learn」サイクルだ。「トライを生み出すのは安心と信頼。そこで、答えは言わず考える視点だけを提示するフラットな問いかけが有効になる。あくまで問いかけるだけで相手に委ね、自らの気づき・学びにつなげていく。すぐに答えが返ってこなくてもじっくり待つことが大切です」。

組織において個々が関節でつながりあっているとすれば、マネージャーはまさにその潤滑油として、各パーツの動きを円滑にする。あくまでもサポートであり、動かすのは部下自身であり個々のメンバー。そうしたポジショニングで個々のポテンシャルを最大化することが、これからの時代のマネジメントに求められる能力になる。

時代とともに環境が変わり、ノウハウもアップデートされるのは世の趨勢。令和の時代は、リーダーシップ、というより個々に寄り添い、そのポテンシャルを引き出すスキルを超えた“人間力”がマネジメントにおいてより重要な要素となっていきそうだ。

読み物コンテンツ

働き方白書について
仕事相談室について
極楽仕事術について
三者三様について
戦略的転職について
用語集について