働き方

人生や商売がうまくいく法則。それはLOVEでは?

投稿日:2022年7月25日 / by

<変人・安田の境目コラム>

人は何かの機会につけて「神頼み」することが少なくないけれど…

「アナタは神を信じマスカ?」と聞かれたら何と答えますか。「はい」「いいえ」大体どちらかですよね。

私はこう答えます。
神がどういうものかは分かりません。だけど多分この宇宙には何らかの大きな法則みたいなものがあって、それを神の意志と呼ぶのなら、神はいるのではないでしょうか」と。

人生がうまくいく法則はあるか
長い!いかんせん私の答えは長い。ほんと申し訳ありません。自分でも分かっています。
だけどこうとしか答えようがないのです。そしてこう答えるとたぶん「それはどんな宗教・宗派ですか」と聞かれるはずです。神を信じる=何らかの宗教を信じるという図式ができているからです。

私はどのような宗教も信じていません。でも別に否定しているわけでもありません。教会の礼拝堂は素敵だなあと思うし、神社に行ったら手を合わせてお祈りもします。でも宗派などは全くありません。

いわば安田派というところです。間違えないでいただきたいのですが、安田教ではありません。私は私を崇めたりしませんし、崇めて欲しいとも思いません。私は私自身の思想や哲学をベースに生きています。ただそれだけのことです。

キリスト教の神様や、イスラム教の神様や、神社にいる日本の神様と、私が考える神様は違うと思います。でも同じかもしれないと思う時もあるのです。

人間の意思や力を超えてものごとの流れをつくる「法則」はある。そう思っています

まだまだ人間には解明できない、宇宙における法則のようなもの。いいことをしたらいいことが起こるとか。偶然ではなく全ては必然であるとか。人に優しくしたら運が良くなるとか。

愛とLOVEは同じではない。私は常々そう思っています。LOVE日本語に訳すなら「和」に近い気がします。それは法則のようなものです。

ある一定の法則で宇宙は成り立っている。その法則に則った行動や考え方をすると、運が良くなり、いいことがたくさん起こる。その法則をキリスト教ではLOVEと呼び、日本人は和と呼んでいる。

法則をつくっているものが神なのかどうか。それは私にはどちらでもいいことなのです。


<プロフィール>安田佳生(ヤスダヨシオ)
yasuda2
1965年、大阪府生まれ。高校卒業後渡米し、オレゴン州立大学で生物学を専攻。帰国後リクルート社を経て、1990年ワイキューブを設立。著書多数。2006年に刊行した『千円札は拾うな。』は33万部超のベストセラー。新卒採用コンサルティングなどの人材採用関連を主軸に中小企業向けの経営支援事業を手がけたY-CUBE(ワイキューブ) は2007年に売上高約46億円を計上。しかし、2011年3月30日、東京地裁に民事再生法の適用を申請。その後、個人で活動を続けながら、2015年、中小企業に特化したブランディング会社「BFI」を立ち上げる。経営方針は、採用しない・育成しない・管理しない。最新刊「自分を磨く働き方」では、氏が辿り着いた一つの答えとして従来の働き方と180度違う働き方を提唱している。同氏と差しで向き合い、こだわりの店で食事をし、こだわりのバーで酒を飲み、こだわりに経営について相談に乗ってもらえる「こだわりの相談ツアー」は随時募集中(http://brand-farmers.jp/blog/kodawari_tour/)。

読み物コンテンツ

働き方白書について
仕事相談室について
極楽仕事術について
三者三様について
戦略的転職について
用語集について