働き方

渋谷一等地の1時間500円の飲み放題マルチ空間

投稿日:2014年5月15日 / by

渋谷の超穴場空間の狙いとは

渋谷の一等地にできた多目的スペースが、フリーランスワーカーを中心に新たなワークスペースとして注目を集めている。(株)デジサーフが運営する「コインスペース 東急プラザ 渋谷店」だ。オープンした2014年2月こそ、認知度がなく苦戦したが、知られるにつれ、利用者が急増。5月は当時の8倍増を突破する勢いという。

渋谷駅西口から1分の絶好のロケーションの同所。ちょっとした時間つぶしをする際にカフェを探すにも、たいていはどこも満席の激戦区。ニーズはあっても出店するには賃料が高く、敷居は高いが、同所ではなんと12分100円からソフトドリンク飲み放題で空間を提供する。

キッズルームあり会議室あり無料ソフトドリンクありの多目的空間

「縁あってこの場を借りることになり、この場所ならではの隙間時間を埋める場にしようと考えました。もともとバス待ち客が多いこともあり、ちょっとした空き時間に使ってもらいやすいよう、料金は12分単位に設定しました。また隙間時間には様々な用途があるので、いろいろなユーザーが利用できるよう設備も揃えています」と同所店長の浅井雅大氏は説明する。
coin-space2

coin-space3

いわゆるコワーキングスペース的なWIFI環境、パーテンションなどのほか、授乳室、おむつ替えルーム、会議室、雑誌閲覧コーナーなど、ユーザーの様々なニーズを想定した設備が充実。飲食物の持ち込みも自由で、カフェやシェアオフィス、コワーキングスペースなどとは一線を画す、新たな空間提供サービスとなっている。

「使い方は自由。我々はあくまで空間を提供しているので制約もできる限り少なくしています。ユーザーの使い方次第で、空間の意味が変わってくると思います。多いのはノマドといわれる人たちですが、学生起業家の方も結構来られますね。ヨガ教室や企業の宴会での利用もありました」と浅井氏が明かすように、同所は、思惑通り、多様なユーザーにマルチスペースとして様々な形で利用されている。

サービスはユーザーに合わせ常に進化

運営しながら、ニーズに合わせ環境を整えていくのも同所の特長といえる。当初は、分単位で料金設定したが、ノマドが多いことが分かると、最大料金を設定。5月末までの期間限定ながら、2時間以上、つまり1000円以上は追加料金なしという料金体系も加えた。今後は、新たなプレミアムプランや出入り自由のシステム導入なども検討しており、どんどん使い勝手は増していきそうだ。

運営するデジサーフは、もともと横浜駅西口の空き地を活用し、10分200円のアルコール飲み放題の施設を展開。空間活用のノウハウを蓄積している。とはいえ、そのメインは野外。屋内スペースの運営は同社にとっての新たな試みで、実験的な側面もある。将来的には、同所で構築したノウハウを横展開し、FC化も検討する。料金は12分100円。会議室も12分100円。また月額ロッカー貸出は5000円。(料金は2014年5月現在)。

読み物コンテンツ

働き方白書について
仕事相談室について
極楽仕事術について
三者三様について
戦略的転職について
用語集について