働き方

仕事の憂鬱を吹き飛ばすための13の方法

仕事の憂鬱解消法を紹介

仕事がうまくいかない、仕事が辛い、仕事が滞る、人間関係で悩んでいる仕事についてのストレスは列挙すれば暇がないほどたくさんあるのが社会というもの。そんな中、仕事に対して憂鬱を感じることもたくさんあるだろう。
それでも、人は会社に通い仕事をこなさなければいけない。しかし、憂鬱が嵩んでしまっては、病気になることもあるので、自分にとってその仕事が精神的に負担となるのであれば、完全にダメになる前に、転職を考えるのも一つの手段である。

本気で転職を考えるのであれば、こちらの記事にて自分の気持ちを確かめて貰えれば幸いである。
仕事辞めたいと思ったら確認すべき7つのこと

またアジアでは日本人の海外採用ニーズが高まっている。日本を飛び出し海外でグローバルに活躍してみたいという人には特におすすめだ。ぜひ参考にしてほしい。

転職にはアジアがおススメな5つの理由【前編】

即座に転職に体や心を向けることができるのであれば、それはそれで幸せだ。しかし、そんなに簡単に仕事を辞めるわけにいかないのも世の常である。そんな人々に向けて、仕事が憂鬱になったときテンションをあげるための方法をいくつか紹介する。

仕事終わりに予定を入れる

牛タンが憂鬱を吹き飛ばす!

仕事が終わったあと、ちょっと無理をしてでも予定を入れてみるといいかも。おいしいお店を開拓したり、普段とは出かける街を変えてみるのもいいリフレッシュになる。

憂鬱を誰かと共有する

誰かに気持ちを打ち明けるだけで、少し気持ちがラクになったりする。ペラペラとネガティブなことを言い回るのは良くないが、溜めすぎると抱えきれなくなってしまう。

休日の予定を立てる

旅行に出かけるのもいいかも

土日や長期休暇のための予定を立ててみよう。楽しみなことを思いっきり詰め込むと、ワクワクして1日をポジティブな気持ちで過ごすことができるはず!

恋人の写真を隠し持つ

恋人や好きな人の写真を持ち歩く

好きな人の写真を手帳に挟んだり、携帯に保存しておいて、仕事中にこっそり覗いてみよう。ミュージシャンやアニメキャラクターでもOKだ。

香りでリフレッシュする

好きな香りでリフレッシュ

好きな香りをオフィスで楽しむこともおすすめ。ハンドクリームを付けたり、ハンカチに薄くお気に入りの香水を染み込ませたり。ただし、キツい香りは周りが迷惑するのでNGだ。

仕事グッズにこだわる

仕事グッズにこだわろう

ペン、タンブラー、手帳など、オフィスで毎日手に取るアイテムにこだわってみよう。キーボードやマウスなどのガジェット系でもおしゃれグッズはたくさん。探してみるとお気に入りが見つかるはず!

オフィスにティーバッグをストックする

気分が落ち込む時には、紅茶に癒されよう。色々なフレーバーの紅茶を用意しておくことで、選ぶ楽しみも生まれるかも!

エナジードリンクを飲む

エナジードリンクを飲めば元気が出るかも

エナジードリンクは、清涼飲料水として売られているが、やはり飲むと元気が出るような気がする。たまには、エナジードリンクに頼ってみるのもありだ。

社内に気軽に話せる人を作る

会社では誰でも気を張っているもの。そんな中で、ひとりでも話すことで気分がほぐれる人がいれば、憂鬱な気持ちは少しラクになるはず。

オフィスでお菓子を食べる

okashi

スナック菓子を食べるわけにはいかなくても、チョコレートやグミなど小袋のお菓子ならOKだろう。おいしいものを食べつつ仕事をすることで、モチベーションもアップするかも。

ランチを豪華にしてみる

豪華なランチを食べてテンションを上げよう

ちょっとだけランチで贅沢をしてみると、いつもよりも充実した昼休みを過ごせるかも。話題の店に入るのもいいし、手作りお弁当の材料費をアップするのもいい。

社内に好きな人を作る

憧れの先輩がひとりいれば、とたんに会社へ行くのが楽しみになることも。恋愛するまでいかなくても、なんとなく気になる人を探してみるのもいいかもしれない。

ファッションに気合を入れてみる

お気に入りのものを身に付けるとテンションがアップ

マンネリになりがちなファッションを、少しだけ変えてみるといい。気合を入れたコーディネートは、自分をハッピーにしてくれるはず!

自分にあった解決法を見つけるべき

実は平日でも、少しの工夫をすることで、憂鬱を和らげることはできる。長期の休みにまとめて発散するよりも、毎日コツコツと憂鬱をためないための努力をしたほうが、ストレスフリーの生活を送ることができるはず。ぜひ、ここで紹介したいくつかの方法を試し、自分に合うものを見つけてみて欲しい。

読み物コンテンツ

働き方白書について
仕事相談室について
極楽仕事術について
三者三様について
戦略的転職について
用語集について