働き方

仕事探しを始めようと考える人のための対応策とは

仕事を探そうと考える人は、たくさんいます。その理由は様々でしょう。そして、仕事探しをする方法も様々です。
job-search-001
まず重要なのは仕事を探して何がしたいかを考えることです。ただ、漠然と仕事を探したい人であれば、アルバイト募集のホームページを見て見たり、転職サイトに登録したりすることで、仕事の案件は意外と簡単に見つかるはずです。

しかし、そうでない人もいるはずです。ある種の悩みを抱えて、仕事を探そうと考えている人が世の中には多いはずです。人として社会で生きていく以上は、仕事をしなければ生活が成り立ちません。生きていくために仕事をしているという人も多いはずです。

しかし、生きていくための仕事と称して人生をすり減らしていっては、何のための仕事なのかがわからなくなってしまいます。そういった人は、仕事探しを始めるとよいでしょうし、改めて自分と見つめ直す機会にもなってきます。

仕事探しを意識するタイミング

job-search-002
仕事探しを意識するタイミングについては以下のパターンが考えられます。自分がどのパターンに当てはまるかを認識し、対策の参考にしてみてください。

今の仕事を辞めたくなった

今の仕事が嫌になって、仕事探しを始める人は結構多いはずです。そこで問題です。あなたが嫌な仕事とはいったい何でしょうか?この回答次第では、選ぶべき道は決まってきます。

1.仕事内容

仕事内容が嫌な人は、仕事探しをすぐ初めても構いません。その代わり、嫌ではない仕事内容というのは何なのかを明確にできるようにしてください。それができないと、どんな会社に入っても同じことの繰り返しになりますし、好きだといえる仕事内容でなければ、面接で受かる可能性も低くなります。

他にも、まずなぜ自分がそこの会社に入ったかを考えましょう。仕事内容が嫌で他の仕事を探したいと考える人は、たいてい「隣の芝生は青く見える」理論で今の自分に目が行っていない状態に陥っています。
そんな状態で仕事を探し始めたとしても、自分が思い描いた仕事にたどり着くのは難しくなります。結局、同じような業界業種で、同じような仕事を積み重ね、同じような不満を連ねて仕事を変えていく人生になってしまいます。

2.人間関係

人間関係が嫌で仕事探しをしようと考えるのであれば、人間関係のどんな部分が嫌なのかをまず洗い出してみることをお勧めします。他人は自分を映す鏡という言葉があるように、人の対応や態度がおかしい場合、自分に要因がある場合も省みなければいけません。

性格上の不一致や、対峙する相手の人間性に耐えられない場合は、新しい仕事に向けて求職活動を進めてもよいでしょう。自分の性格は変えることができます。しかし、相手の性格は変えることができません。そのことを踏まえて、新しい仕事を探すと決めた後も、自分磨きは続けていった方が良いでしょう。

人間関係は仕事をしていく中で、必ず付きまとう問題です。どこに行っても同じような問題が生じる可能性があることを心に留めておき、自分を強くする方法を模索しながら仕事探しを進めてみてください。

3.労働環境

労働環境が嫌で新しい仕事を探そうと考えている人は、自分が理想とする労働環境について考えてみると良いでしょう。そして、その理想の労働環境がどのようにした手に入るのかを考えてから仕事を探した方が良いです。

環境といっても、様々な切り口で定められるものですから、自分が環境を嫌だと感じる原因は制度にあるのか、労働時間にあるのか、そもそもの働いている環境自体にあるのかをはっきりとさせておきましょう。

そして、自分が嫌だと思った環境をどうやって払拭するかを考えながら仕事探しを進めていきましょう。仕事探しを行うにあたっての注意点は、必ず「妥協点」を設けることです。

労働環境というのは、人によって居心地の良さが変わるので、自分が望むすべての環境を手に入れることは難しいです。どうしても、労働環境にこだわりたいという人は、自分で起業をするなり、フリーランスになるなりして、自ら環境を整えられる立場を手に入れるしかありません。

4.待遇

待遇が嫌で仕事探しを始めようとする場合は、まず市場を確認しなければいけません。自分の能力が今の待遇以上の仕事に見合うかが大きなポイントとなります。

世の中にはスキルに見合わない賃金を支払っている会社もありますし、逆にスキル以下の賃金を支払っている会社も確実に存在します。適材適所という言葉の通り、人それぞれが持っているスキルや考え方によって、活かせる仕事は変わってくるのです。技術者として働いている人でも、実は営業職の方が向いていたり、自ら手を動かす業務は苦手な人でも、管理職に向いていたり、と人が持つ特性によってできる職業は変わってきますし、その能力によって待遇が変わるというのはよくある話です。

待遇について頭を悩ませ、自分の適所が何なのかわからない。と感じるのであれば、自分がやりたい仕事とは何なのかを改めて考えてみてください。やりたいと感じる仕事があれば、自分で勉強もするでしょうし、時間を使うのもいとわなくなります。

やりたい仕事もできる仕事も特にないけど、とりあえず待遇だけはどうにかしたい。という甘い願いには、社会は応えてくれません。待遇を良くしたいのであれば、誰かに貢献できる能力が必要であることを認識し、自己研鑽するところから始めましょう。

新しいことに挑戦したくなった

仕事を探すタイミングとして一番真っ当な動機が、新しいことへの挑戦になります。ポジティブな気持ちで仕事探しができますし、自分が行く方向もある程度は見据えられます。

受け入れる企業側から見ても、ポジティブな気持ちで入社してくれれば、戦力としても十分に期待できますし、厳しく指導し成長を促すことも本人のためになるので、一石二鳥です。

新しいことに挑戦するにあたっては、今までの経験を活かしての挑戦なのか、全く別の道への挑戦なのかをはっきりとさせましょう。今までの延長線上での挑戦であれば、受け入れる間口も広く存在しますが、全く別の道への挑戦の場合は、なかなか自分がやりたいことへたどり着くことは難しくなるでしょう。特に待遇が悪くなることや、仕事を覚えるまでの間、勉強のための時間がかさんでしまうことは覚悟して仕事を探していかなければいけません。

環境の変化により仕事を変えなければいけなくなった

環境の変化による仕事探しは、主に家族や親族によって引き起こされるものです。レアケースだとは思いますが、今後介護の関係などで、拠点を移しての仕事探しというのは社会的にも増えていくかもしれません。

企業によっては、リモートワークを許可したり、新幹線での通勤を許したりと、働く場所に限定されない働き方というのを実施しているところも増えてきていますが、すべてのケースを賄えるわけではないので、結局は変えた環境の先での仕事探しが必要になる場合が多いでしょう。

環境の変化によって仕事探しを考える場合は、自分の能力が変わりゆく先で必要とされるものなのかをまず調査しなければいけません。調査の結果、自分の能力は必要とされてないという結論が出たとしても、諦めずに必要を生み出すためにどうすればいいか、また、その能力を活かしてくれる会社はどこなのかを見定めていくとよいでしょう。

こういったケースの場合は、仕事探しというよりも、必要探しを進めていくことが重要になります。

仕事がない状態

仕事がない状態というのもいくつかのパターンが存在します。ここでは大きく三つのパターンを紹介します。一つは学生がアルバイトという意味での仕事をしていない状態。もう一つは、社会人が何らかの理由で仕事を辞めて、現在進行形で仕事を探している状態。最後に、定年退職後にまた何か仕事でもしてみようかと考えている状態です。

学生が仕事を探している場合

アルバイトという言葉はとても軽く扱われがちですが、アルバイトであってもきちんとお金を貰って動く労働だということを忘れないようにしてください。

アルバイトにおいて仕事を探す場合、重視した方が良いのは場所です。アルバイトをするために、遠いところまで働きに出かけるのは、賢明ではありません。自分の行動範囲内でいける範囲内の仕事を探すとよいでしょう。家から自転車で通える距離や、学校から行ける距離、また、学校と家の直線状にある場所などがベターです。理由としては、あまり遠いところに働きに出てしまうと、通勤するのが億劫になり仕事に行きたくないという気持ちが強くなってしまうからです。

例外があるとすれば、自分の好きな繁華街で働くことです。自分が良くいく場所や好きな場所では、仕事と生活の繋がりができるので、仕事に対する意欲についてそれほど大きな問題は生じないはずです。

社会人としての仕事がなく困っている場合

これが一番難しい問題なのではないでしょうか。どういった経緯で失職したかにもよりますが、とりあえず仕事を探そうという気持ちが逸ってしまうこともあるでしょう。失業保険などの制度もありますが、自主的に辞職した場合は支給まで時間が掛かることがありますので、生活が立ち行かなくなるという心配で焦りも生まれてしまいます。

やりたいことよりできることを、そして長く続けられることを考えながら仕事探しをしてみてください。焦りすぎるがあまり、「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」の精神で仕事を探しても、なかなか雇口が見つからないどころか、条件の厳しい仕事に就かざるを得なくなることもあります。

定年後仕事を探している場合

定年退職後に仕事を探すケースには、困窮と余生の2パターンがありますが、こちらは余生の方の説明をいたします。

余生を楽しむための仕事探しは、自分の好きなことにチャレンジするとよいでしょう。今までやったことのない仕事の中で、自分にできそうな仕事を探すというのも一つの楽しみになります。ずっと制作者として工場などで勤務していた人が、コンビニエンスストアの店員にチャレンジしたり、飲食店で働いてみたり、自分の人生の幅を広げるための仕事を選ぶと楽しく働いていくことができるかもしれません。

また、散歩がてらポスティングの仕事をしてみたり、新聞の配達をしてみたりするのも、仕事と生活の利点が合致している分、良い仕事になるはずです。

定年後の仕事について、無理は禁物です。自分のペースでしっかりと働ける仕事を探して生活とのバランスをとることが重要になります。

仕事を探す手段

job-search-003
仕事を探す手段は、いくつかあります。インターネットが発展した今だからこそ、利用できる手段も増えてきているので、自分に合った手段を選んでみてください。

転職サイトを閲覧する

今は仕事を探すなら転職サイトを使うのがとてもメジャーで簡単です。サイトによって募集している業界や、地域性などに違いがありますので、自分に合ったサイトに登録してから仕事探しを始めてみてください。

自分が探したい仕事の業態によっても大きく取り扱っているサイトが異なります。
正社員で探すなら「リクナビNEXT」が案件数も多く使い勝手も良いのでお勧めです。

アルバイトを探すなら「はたらこねっと」ですと、地域から仕事を探せるので自分が好きな場所にある仕事を選ぶことができるでしょう。

派遣で仕事をしたいなら「テンプスタッフ」はいかがでしょうか。業界大手のテンプスタッフなら、派遣社員のケアにも優れているので、困ったことがあった場合にはすぐに相談できる体制が整っております。

転職セミナーに参加する

DODAなど大手の転職サイトでは、転職セミナーを開催していることもあります。そういったセミナーに参加することで、転職の幅は広がることでしょう。

セミナーの中には合同面談会や、キャリアアップセミナーなどもあるので、自分の行く道に迷っている人は利用してみるとよいでしょう。

転職エージェントを利用する

job-search-004
十分なスキルを携えている人や、自分の市場価値を知りたい人が、仕事探しをするならエージェントの利用がおススメです。

仕事探しにおいて、自分の強みや自分の弱みを知り、活かすことはとても重要です。しかし、人は自分の強みや弱みというものを客観的に判断することができません。また、ずっと同じ仕事を続けていく中では、自分の仕事はどのぐらいの価値を持っているものなのだろうかわからなくなることも多いはずです。

そんな時にエージェントサービスがとても役に立ちます。エージェントを通して、自分の強みや弱みを探り、世の中の市場価値と照らし合わせて、新しい仕事への足掛かりをつかむことができるのです。

エージェントサービスを使うのであれば、数社に登録して案件を見比べ、自分のやりたい仕事を探すのが得策です。エージェントによっては、「別のエージェントにも必ず登録して案件を確認してください」というアドバイスをくれる人もいるほど、各社によって取り扱っている案件に違いがあります。

ハタラクティブ

若い人でも利用できるのがこちらのハタラクティブです。未経験の方でも気軽に相談ができますし、フリーターから正社員を目指すという人も多く利用しています。職種、業種が合わないと感じている人は、ハタラクティブを利用してみてはいかがでしょうか。
hataraku

リクナビエージェント

業界最大手ともいえるエージェントサービス。地方都市の案件にも強く、業種も多種多様に渡るため、まずはここに登録しエージェントサービスというものはどういったサービスなのかを知ることがおススメです。
recruit-agent

type転職エージェント

仕事や経験、年収などに対して、顕在的な悩みや不満があるなら、type転職エージェントをご利用ください。アドバイザーが丁寧に現在の転職市場やあなたの市場価値について教えてくれます。
type-logo

DODA

CMでもおなじみのエージェントサービスです。転職活動で悩みがある人に対しても親切にアドバイスをくれるので、自己分析にお役立てください。
doda

マイナビエージェント

マイナビエージェントはIT業界に強いので、ITでの転職を志す人は是非ご登録ください。案件数も多く職種によって専門のアドバイザーがいるところも安心です。
mynavi-agent

ハローワークを利用する

地域にはハローワークという施設が存在し、そこで仕事を探すのも定番の求職手段です。失業保険を受け取るためにも、一度ハローワークには行かなければいけないので、利用された方は多いとは思います。

ハローワークではインターネットでの検索サービスも始めており、仕事探しがとても簡単になりました。ハローワークに登録している企業は多く、利用できる地域も幅広いのでチェックしてみるとよいでしょう。

地域情報誌を利用する

地方情報誌や新聞などにもごくたまに仕事の情報が載っていることがあります。なかなか多くの案件が載っているわけではありませんが、仕事を探す手段の一つとして念頭に入れておくとよいでしょう。中には掘り出し物の案件が掲載されているかもしれません。

直接人を募集している企業を探す

直接人を募集している企業ときくとスーパーやデパートの張り紙を思い浮かべる人は多いかもしれません。しかし、それだけではなく、企業ホームページでしか採用情報を掲載していない企業というのも存在するのです。

その企業についてもっと知りたいであるとか、その企業のファンであるとか、そういった人と一緒に働きたいと考える企業は、求人情報サイトに頼らずに募集することがあるので、各企業のサイトをチェックするのも忘れないようにしましょう。

仕事と生活は密接な関係にある

仕事と生活はとても密接しています。自分に合った仕事を探し、生活を潤わせるために努力をしましょう。自分の仕事観に悩んだときは、今一度自分がその仕事を選んだ理由を見つめ直してみてください。

そこに特に理由がないのであれば、そのまま続けるのか、自分が選ぶに値する仕事を探すことをお勧めします。

読み物コンテンツ

働き方白書について
仕事相談室について
極楽仕事術について
三者三様について
戦略的転職について
用語集について