働き方

働き方からみるドイツの強さ

投稿日:2014年7月10日 / by

お毒 なんだかドイツがいっちゃいそうね。ちょっと異常な強さじゃないの。どうなってんのよ。

猫田先生 「これがワールドカップ」ってもんだよ。最後はドイツが勝つ。とはいえ、予選一発目のポルトガル戦といい、準決勝のブラジル戦といい、サッカー強国を木っ端みじんにした今大会のドイツの実力は、確かに恐ろしいくらいだな。

毒舌家

お毒 こうなるととてもじゃないけど、メッシがいようが、アルゼンチンに勝機はないんじゃないの。

物知り

猫田先生 アルゼンチンは6大会ぶりの決勝進出だが、その時の相手がドイツ。しかも負けてる。あの時はマラドーナを擁しながらも負けてるからリベンジには燃えてるだろうが、アドバンテージがあるとしたら“ホーム”ということくらいだな。とはいっても、完全ホームのブラジルがコテンパンにやられたからな。やはりわしの予想はあたっちまっうな。

お毒 もうあたしは、3位決定戦のブラジル―オランダを気楽に楽しませてもらって、W杯は終わりにするわ。

猫田先生 なぜドイツはこんなに強いのか。フツーに考えてもつまんねぇから、サッカーを仕事に見立てて働き方から考察してみるか。ドイツ人ってのは、「勤勉でまじめ」とその気質は日本人に似ているといわれる。しかし、実際には、とにかくしっかりと休みをとる。6週間の長期休暇取得率は8割ってんだからな。言ってしまえば、休むために働く、という感じだな。日本と一番違うのは、陽が沈むくらいにはオフィスを後にするくらい、ダラダラ仕事はしない点だ。その分朝は早いが、日本みたいに夜の10時を過ぎても電気がついてるようなことはまずありえない。法律の厳格性もあるが、メリハリがものすごいんだな。

お毒 へー。ってことは、いまはワールドカップ中だからとにかく全力でやりきる。でも終わったらたっぷりと休むぞ、なんて思ってるのかしら。確かにそういうメンタリズムなら、少々きつかろうが苦しかろうが、乗り切れるかもね。

猫田先生 そういうことだな。勘違いしてはいかんが、ドイツは当然のように「ワールドカップ中」というのを決勝戦までに設定している。オランダはお粗末にも準決勝までの想定だったともいわれているが、その辺の意識の高さはすさまじい。そんな国民性だから、早く帰るためには昼休みも30分程度で済ませるという徹底ぶりなんだ。仮に残業することになっても18時には撤収する。日本じゃ、残業とはいわんレベルだよな。結果的に1人あたりの年間総実働時間は、日本より2割も少ない。日本代表は4年間休みなしって感じで、大事なところで力尽きた感じだが、ドイツは休むところは休んでワールドカップに照準を合わせ、初戦でガッチリ大勝だからな。ザ・プロフェッショナルだよ。仕事もそうだが運動なんて、休息とセットで筋肉は成長するもんだから、やっぱりこの辺の意識というか感覚の違いが小さいようにみえてドでかいってことなんだろうな。

おっちょこちょい

お毒 ちなみアルゼンチンの働き方はどうなの。タンゴのイメージじゃ、女性が強いような印象もあるけど…。

猫田先生 確かに男女の区別なく多様性を認める民族性はあるようだな。見栄っ張りでプライドが高いともいわれている。ってことは、調子付けば強いが、いったん崩れると脆いともいえるよな。つまり、メッシを潰してしまえば、急速にチーム力は弱まる。こういう相手に対するドイツはめっぽう強いんだ。なにをすべきかが明確な相手ってことだ。仮にドイツが先制点を奪っちまえば、フランス戦同様、9割以上の確率でドイツV確定だな。

お毒 もはや黒魔術にでも頼るしかなさそうね。前回大会で次々と勝敗予想を的中させた予言タコのパウル君が死んだいま、残っているのは「ドイツは強い」という現実だけ。なんだかつまんないわ…。

猫田先生 パウル君の代わりに猫田さまがここまでびしっと予言を的中させてるだろ。ま、ワシとしては決勝の笛をもう一人の日本代表、西村氏が吹くかどうかがいま一番の関心だな。開幕戦では賛否両論のジャッジもあったが、だからこそ、決勝では最高のレフェリングをみせてくれるはずだからな。南無阿弥陀仏…。

お毒 まだ楽しみが残っていたわね。さすがにブラジル戦でってことはないから可能性はゼロじゃないかも。

伝衛門 いくらもらえるんでやんすか。 

お毒 お金の問題じゃないの。名誉よ名誉。

猫田先生 金について言えば、優勝すれば、約35億円、準優勝約25億円で10億もの差がある。3位だと約22億4000万円で4位は約20億4000万円と差は2億円。そういう意味じゃ、ドイツ圧倒的優勢だが、勝つか負けるかで10億違うんだから、思わぬ“番狂わせ”もありうると期待してもいいんじゃねぇか。分配の仕方にもよるが、最大で90分で一人当たり5000万円ほど実入りが違ってくるとなりゃ、死ぬ気で頑張れるもんな。みな高給取りとはいってもな。

 

読み物コンテンツ

働き方白書について
仕事相談室について
極楽仕事術について
三者三様について
戦略的転職について
用語集について