働き方

クラウドソーシングの広がりがもたらす今後の仕事

投稿日:2013年7月31日 / by
機内からみた月と雲

機内から撮影(平城氏撮影)

クラウドソーシングについて

『クラウドソーシング』が着実に拡がり始めているようですね。

クラウド(cloud)という言葉は、もともとインターネット上のサーバ群のことを指していて、インターネット経由で提供される様々なサービスを、『クラウドサービス』と呼んでいます。

Gmailもある意味クラウドであり、DropboxやEvernoteなどもクラウドですね。

クラウドのメリットは、インターネットに繋がる環境があればいつでもどこでも、同じようなサービスを受けられる、という点です。ノマドにとっては、その活動をグッと便利にしてくれた存在のひとつといえますね。

クラウドソーシングにおける「クラウド」は、いわゆる「雲」の方の意味でなく、群衆(crowd)の意。これに業務委託の意味であるsourcingを組み合わせた造語です。つまり、不特定多数のマンパワーをインターネット経由で活用することを、『クラウドソーシング』と呼んでいるのです。

インターネット経由でデータ入力をお願いしたり、ブログの記事作成を依頼したり、WEBデザインをお願いしたり、ということが、クラウドソーシングを活用することで必要なときに、必要なだけ依頼できるようになるのです。

また、依頼される側としても、『いつでも、好きな時にだけ』仕事をすれば良いという環境を実現することができます。これは一見素晴らしいことのように思えますね。

クラウドソーシングと@SOHOの決定的な違い

ただ、私はこの業態について100%賛同していません。

確かに、上記のようなメリットはあります。しかし、クラウドソーシングでは、仕事を依頼する側と仕事を請ける側の間に、システムが介在するため、直接の取引ではありません。直接の取引ではないということは、『相手が誰かどうかは、あまり重要ではない』ということです。つまり、そのシステムが介在しないと、取引が成立しずらいですし、本格的に独立してやっていきたい方にとっては、独自の顧客を開拓しにくいのです。

私がもともと@SOHOを起業した理由は、『もっと多くの方に、独立できる環境を創る』ということでした。つまり、自分自身を世の中にPRし、独自の顧客を開拓していくためには、@SOHOのような、『一対一』の取引を行えるサービスの方が適しているということです。

従って@SOHOでは、これからも、こういった波に左右されず、『もっと多くの方に、独立できる環境を創る』ためのサービスを提供していきます。但し、データ入力など、一部の業種については、クラウドソーシング的な考え方を取り入れるのはアリだと思っています。その理由は、データ入力といった単純な作業に内職がてらに参加したいという方にとっては、直接取引よりも間接取引の方が気持ちが楽だ、という面もあるからですね。

いずれにせよ@SOHOはこれからの時代を見据え、ますます皆さんに有益なサービスとなれるよう、最大限の努力を継続していきます!

<毎週水曜日更新>

連載:グローバルに自由に稼ぐ働き方の実現法


海外ノマドマスター・平城寿【プロフィール】平城 寿 Hirajo Hisashi
1976年宮崎県生まれ。九州大学工学部卒(1999年)。もともとITエンジニアで、2004年にSOHO事業者向けビジネスマッチングサイト「@SOHO」を1人で立ち上げ、4年で日本国内No.1の会員規模にまで育て上げる。その後インターネットの可能性に魅了され、自らネットを活用した「場所や時間にとらわれないワークスタイル」を実践。2011年より海外に拠点を移し、アジアを中心に毎月5都市以上を訪問。『海外ノマドスタイル』を確立して、その魅力を発信している。

平城寿公式ブログ:http://hirajo.com/
平城寿Facebook:http://www.facebook.com/hisashi.hirajo
@SOHO:http://www.atsoho.com

読み物コンテンツ

働き方白書について
仕事相談室について
極楽仕事術について
三者三様について
戦略的転職について
用語集について