働き方

海外を飛び回っていても子育ては手抜きなし

投稿日:2013年8月28日 / by

グローバルな子育て方とは

キッザニア

海外を飛び回っていても子育ては手抜きなし(平城氏撮影)

海外ノマドをやっていて感じることがあります。それは、日本ほど、単一民族で固められていて、価値観が近接している国は無いのではないか、ということです。世界中を探せば同じような国はあるのでしょうが、おそらくアジアでは日本が最も外国人比率が少ないのではないか、と思います。

ところがインターネット上では国境を簡単に超えて、コミュニケーションを取ることができます。私たちは『日本語』という言語の壁があるので、気づいていないかもしれませんが、海外では、私達以上に活発なコミュニケーションがやりとりされています。アジア諸国の方々は、私達が都道府県を移動するかのように国を移動し、英語をベースにしてコミュニケーションしています。そうなってくるとやはり、子育てについても、考え方がガラリと変わるのです。

今までのように、『日本で高校までは育て、大学で留学させればいいや』ぐらいのレベルでは対応できなくなってきていると思います。子供が小さいうちから異文化に触れ、コミュニケーションを取ることに慣れさせる必要があると思うのです。

そして、私達日本人のように、『人と一緒でないといけない』という感覚を捨て、『人と違っていて当然だ』という考え方に切り替えないといけないと思うのです。

しがらみから解放される勇気と決意を持つべき

今でも、多くの方が、会社等の組織に所属し、こういった『しがらみ』に苦しんでいると思います。まずは私達がここから開放される勇気と決意を持つべきだと思います。
そして、それを私の友人が実践してくれています。なんと3歳と5歳の娘さんを持ちながら、
母子でマレーシアに移住し、そこで起業までしてしまった方です。旦那様は東京でそのままサラリーマンを続け、奥様だけ2人の娘さんを連れて移住を実現したのです。

その経験をブログでも情報発信したところ、多くの方から共感・反響を得て、朝日新聞からも取材を受けるまでに。。そして、これらの反響に答えるために、自身の経験をもとにした、
メールマガジンをスタートしました! しがらみに縛られていると何も生まれない。逆にそこから解き放たれれば、未来が拓けるということですね。

<毎週水曜日更新>

連載:グローバルに自由に稼ぐ働き方の実現法


海外ノマドマスター・平城寿【プロフィール】平城 寿 Hirajo Hisashi
1976年宮崎県生まれ。九州大学工学部卒(1999年)。もともとITエンジニアで、2004年にSOHO事業者向けビジネスマッチングサイト「@SOHO」を1人で立ち上げ、4年で日本国内No.1の会員規模にまで育て上げる。その後インターネットの可能性に魅了され、自らネットを活用した「場所や時間にとらわれないワークスタイル」を実践。2011年より海外に拠点を移し、アジアを中心に毎月5都市以上を訪問。『海外ノマドスタイル』を確立して、その魅力を発信している。

平城寿公式ブログ:http://hirajo.com/
平城寿Facebook:http://www.facebook.com/hisashi.hirajo
@SOHO:http://www.atsoho.com

読み物コンテンツ

働き方白書について
仕事相談室について
極楽仕事術について
三者三様について
戦略的転職について
用語集について